☆~ 美味しいものめぐり Paris ~☆ 

lenoel.exblog.jp
ブログトップ
2013年 06月 16日

Hotel Prince de Galles ホテル・プランス・ド・ガルのサロン・ド・テ

d0199677_0324615.jpg


長い間工事をしていた
フォー・シーズン、ジョルジュ・サンク系の
新しいホテルが隣にオープンしていました。


d0199677_0331819.jpg


そういえば、先日フランスのパパ&ママンが
パリのホテルでフランス系は
Le Fouquet's (ル・フーケ)だけ

と言っていましたが
ほとんどがアラブ系の
持ち主になってしまったそうです。


d0199677_0334397.jpg
d0199677_0335795.jpg

d0199677_034956.jpg


携帯電話のバッテリーがなくなたので
コンシエージュにお願いしたら
多少のチップで気持ちよく充電してくれました。


d0199677_0363182.jpg


サロン・ド・テのサービスもよかったが
なんとなく落ち着かないのは
チャラっとした服装の
最近小金持ちになった風な客が多かったのと
品が感じられない内装だから・・・

ミーハーな日本人も
このようなタイプがお好きかもね。


d0199677_0344159.jpg


d0199677_035231.jpg

[PR]

by lenoel | 2013-06-16 04:23 | patisserie, café bar | Trackback | Comments(2)
トラックバックURL : http://lenoel.exblog.jp/tb/18967769
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by nazonazo at 2013-06-16 19:17 x
最近、鉄瓶で紅茶を入れるのが流行ってるんでしょうか? エディアールでお茶をシバキに行った時も、鉄瓶サービスでした。
Commented by lenoel at 2013-06-16 20:19
ムッシューnazonazo、ボンジュール・・・♪

ここ10年くらい鉄瓶でしたが、最近はまた陶器に戻っています。
割れないし、鉄分補給ができていいですが
美しさに欠けるかも・・・@@
ところで、シバキって何???


<< 仲直りはピアノバーで Aux ...      パリのシックなビストロ Che... >>