☆~ 美味しいものめぐり Paris ~☆ 

lenoel.exblog.jp
ブログトップ
2013年 07月 09日

残念な M.O.F(フランス最優秀職人)の店 Semilla

d0199677_6324285.jpg


国家最優秀職人賞(Meilleur Ouvrier de France、MOF)は
フランス文化の最も優れた継承者たるにふさわしい
高度の技術を持つ職人に授与される称号で
その名誉は日本の「人間国宝」に相当するものと言われる。

中でも有名なのは、「料理」であり
これまでにもポール・ボキューズ、ジョエル・ロブションら
多数の有名料理人が名を連ねている。

M.O.F.のコンクールは、3年に一度開催され
合格者にはフランス大統領の名において
大統領官邸であるエリゼ宮にてM.O.F.のメダルが授与され
誇りあるトリコロールカラーの襟のコックコートの着用が認められる。
Wikipediaより・・・


d0199677_633134.jpg


2011年にM.O.F を受賞した 
Eric Trochon の店。
シェフのトリコロールの襟が素敵です。

お昼は23ユーロのアントレ、プラで
アントレは3種の盛り合わせのみ
そして、プラは3種類から選べて
デセールを頼む場合は
8~10ユーロ追加料金で5種類から選べる。


d0199677_6332588.jpg


無難に美味しかった作りおきのアントレ。
・ズッキーニのクレーム
・ハーブのケーキ
・ローストビーフ


d0199677_6333677.jpg


羊のもも肉となすのキャビア。
羊は十分に温まっていない上
ソースがすごく脂っこい。
また食べたいかと聞かれたらNON。

サービス担当の男性に言うと
調理場に伝えていましたが
食べ終わってからでは遅いです。


d0199677_6334676.jpg


特に美味しいと感じなかった
アーモンド&ピスターチ、プルーンのグラス(アイス)。


d0199677_634068.jpg


ひと皿、ひと皿に愛情がこもっていない料理を
工場で食事している気分になってきました。

食後にノワゼットを注文しても
忘れられてしまう始末。
会計のときにシェフとサービス担当に言うと
ノワゼットをサービスしてくれました。

話題の店では日本人客をみかけますが
日本人観光客グループが入ってきたのには
さすがに驚きました。

最近行った日本人の店では
ミクロフィルターの水が8ユーロでしたが
同じミクロフィルターの水ガス入り・無し
どちらも無料なのは嬉しい。


d0199677_634114.jpg


Semilla
54 rue de Seine 75005 Paris
Tel: 01. 43. 54. 34. 50


d0199677_6343277.jpg

[PR]

by lenoel | 2013-07-09 07:27 | restaurant français | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://lenoel.exblog.jp/tb/19225227
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。


<< ロダン美術館       感動した料理 L'Ag... >>