☆~ 美味しいものめぐり Paris ~☆ 

lenoel.exblog.jp
ブログトップ
2013年 12月 07日

「野蛮なP親分~@@」の巻

d0199677_536877.jpg


まるでダンプカーかイノシシが突進してきて
アクシデントに遭ったかのような
その後遺症が残ったままでおります。

このブログを見つけたらしいが
どうせ日本語はわからないだろうし
そもそもP親分が悪いのだから書いてやるー。


d0199677_5363283.jpg


ミューとウォーキング中に
しつこく何度も電話をかけてくるので
そのときに、その日がお誕生日と気がつきました。

友達の店に居るとのことなので
私も久しぶりにその友達に会いたかった。
そして、itinéraire の化粧室の
鍵が壊れた事件の直後だったため
シェフ同士が顔見知りというからには
その話もしたい、と
思ったことが間違いだったのです。

ミューを電話にださせたり
自宅に戻ってからも 「早く!早く!」 
と、急かす電話を何度もかけてくるので
うんざりしてしまいお断りました。
が、その後に
「来るまでずっと待っているから
ボンジュールだけ言わせて」 とのこと。


d0199677_5364263.jpg


メトロに乗ったときは
友達の店が開店準備になるので
シャンゼリゼで待ち合わせに
変更してきましたが会ったら最後。強烈。

胸はもちろんのこと
スカートをめくってお尻や前方まで触るし
キスをしつこくせまってきて
最後は無理やりされたので
道端に置き去りにしてきました。

悪ふざけをしているのか
正気とは思えない。
ノン! と言ったら止めるのがマナー。

以前も、階段で私の前を下りていたP親分が
くるりと振り向きセーターと下着をめくり上げて
おへそにキスをしたので
怒って帰ったことがあります。

何らかの手段で悪戯を広めますが
例え、奥さんが知ったとしても
まわりの人間などに聞かず
本人を問い詰めればよいのだ。


d0199677_2182410.jpg


新宿ヨドバシカメラで買った
お気に入りミシュラン・ビバンダムつき
オレンジ色のスーツケースを引きずって
田舎からでてきた姿を想像すると笑ってしまう。
ということは、ショックが薄れてきたのだろうか。

いや、P親分が発端で
フランス人の料理人がダメになり始めている・・・

d0199677_537481.jpg

[PR]

by lenoel | 2013-12-07 00:46 | la vie en France | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://lenoel.exblog.jp/tb/20066705
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。


<< 気がついたら1ヵ月半前のこと・...      映画撮影で使われたシャン=シュ... >>