☆~ 美味しいものめぐり Paris ~☆ 

lenoel.exblog.jp
ブログトップ
2014年 01月 17日

ブルジョワの食卓

d0199677_523454.jpg


パリのほぼ中央で閑静な高級住宅地に住む
マダム宅にお邪魔しました。

ブルジョワ宅には決まってお抱えのお手伝いがおり
家の隅々まできれいにお掃除をしているので
どのお宅へ行ってもピカピカになっています。

エキゾチック料理が好きなマダムは
前の晩に、15人もの来客に
インド料理を作ってもてなしたそうです。

ふつうは大勢のお客を招いた翌日は
お台所やサロンがグチャグチャになりますが
ブルジョワのお宅はいつもキレイ。


d0199677_5232828.jpg


では、アントレのスープから。
鶏のブイヨンが煮立ったら
シトロネル、こぶみかんの葉を入れて
生姜のパウダー、砂糖、ライムをしぼり味を調える。

その後に、チリ、胡椒、生姜、バジルなどが混ざった
香辛料をパラパラ入れていました。
干ししいたけ、海老を入れて終わり。


d0199677_5235649.jpg


鶏とレモンの中華風炒めものは
水にもどしたキクラゲと
レモンの皮、赤ピーマンを刻んだもの


d0199677_5241081.jpg


鶏肉も適当な大きさに切り


d0199677_5242094.jpg


乾燥シブレットとニンニクを入れて
次々と炒めていきます。


d0199677_5244493.jpg
d0199677_5245558.jpg


合わせ調味料は
中国の醤油、魚醤、生姜のパウダー。


d0199677_5243378.jpg


コニャックとシャンパーニュと砂糖、
ナツメグやシナモンが混ざったキャトルエピスに
皮をむいたクレモンティーヌを入れる。

食べる前まで冷蔵庫で冷やします。


d0199677_525611.jpg


シャンパーニュで乾杯♡
今年もヨロシク~!!


d0199677_5255748.jpg


アジア料理に合わせて
赤と黄緑色を基調にした
アジア風なテーブルセッティングです。


d0199677_526954.jpg


フランス人がつくった
東南アジアな味の海老スープ。


d0199677_5265983.jpg


さっぱりレモンの皮がアクセントの
鶏の中華風炒め。


d0199677_5271249.jpg


私の中で得点が高かったのは
簡単にできる大人のデセールです。


d0199677_5272291.jpg


ブルジョワのマダムたちは
趣味をたくさん持っており
絵を描いたり、ピアノを弾いたり
お料理の腕前を披露したり・・・
エレガントな生活を楽しんでいます。


d0199677_5274940.jpg


d0199677_528158.jpg

[PR]

by lenoel | 2014-01-17 06:40 | la vie en France | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://lenoel.exblog.jp/tb/20241840
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。


<< 「ガッカリなお煎茶の謎」 の巻      ソルドでモンスター白雪にはこれだけ >>