☆~ 美味しいものめぐり Paris ~☆ 

lenoel.exblog.jp
ブログトップ
2014年 01月 18日

「ガッカリなお煎茶の謎」 の巻

d0199677_15582158.jpg


せっかくお茶をいただくのなら
美味しく入れたものが飲みたいですが
パリの水では難しいものがあります。

特に、和菓子と一緒のときは
お茶も美味しくなければなりません。


d0199677_1559267.jpg
d0199677_15591318.jpg


こちらのお店のお煎茶はそこそこ美味しかったのに
今回は、一杯目は香りが悪く味もせず
二杯目は、濃い目にだしてくれましたが
まずいお茶を飲んだときに舌に残る不快感がありました。
ちなみに、奈良県のお抹茶で有名な
お茶屋さんに変えたばかりだそうです。

目の前でこしらえてくださる和菓子を
いただくのは最高の贅沢。
それなのに、これでは繊細な味を
台無しにしてしまいます。

お店では、お湯が熱すぎたのかと
考えていましたが
お湯の温度のせいではないかもしれません。

口の中が、人工的な調味料入りの
料理を食べた後のような反応になってしまい
お口直しに、途中でショコラショーを飲んでも
自宅でお夕飯を食べたても
違和感が翌朝まで続きました。

ふつうのお茶が、不思議です・・・


d0199677_1559264.jpg


サービスでいただいた
栗の和菓子も上品で美味しかったです。
ごちそうさま♡

d0199677_15594157.jpg


d0199677_160650.jpg

[PR]

by lenoel | 2014-01-18 16:35 | patisserie, café bar | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://lenoel.exblog.jp/tb/20247382
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。


<< 「アレルギー体質かも・・・」 の巻      ブルジョワの食卓 >>