☆~ 美味しいものめぐり Paris ~☆ 

lenoel.exblog.jp
ブログトップ
2014年 01月 19日

「アレルギー体質かも・・・」 の巻

d0199677_745733.jpg


20代前半に
化粧品かぶれの被害に遭ってから
添加物入りの化粧品は一切使っていません。
口紅やグロス、リップクリームも
少しでも香料が入っているものは
唇がベロベロにむけてしまいます。

日本で市販されているシャンプーも
ほとんど合いませんし
日本製生理用ナプキンや
化繊の衣服にも荒れます。
ちなみにフランス製生理用ナプキンは大丈夫。

Dr.Hauschka を使っていた頃に
ヘアーとお風呂用品なども
揃えましたがNGでした。
特に、ラヴェンダーのエッセンス入り
入浴剤は体中の皮膚が痛くなり
ただれてしまいます。

薬局ですすめられた
ほかの入浴剤も合いませんでした。
(下の画像)


d0199677_751537.jpg


パリの皮膚科では
アヴェンヌの商品をすすめられています。
フランスのママンも
アレルギーがあるため
水で顔を洗うことも許されておらず
やはりアヴェンヌを使っています。

シャンプーとボディー石鹸、リップクリームは
Caudalie を使っていますが
基礎化粧品の質もよいそうなので
試しに使い始めました。


d0199677_752682.jpg


最近は、けっこう頻繁に
食物アレルギーを起こしています。

例えば、防腐剤など添加物入りワインで
二日酔いになった経験のある人がいると思いますが
私は、飲んでいる最中から
口の中がビリビリとしびれてきて
気分が悪くなってしまうこともあります。

人工的な調味料が多量に使われる料理や
添加物が入っている食品には気をつけたい。

私の場合は、薬も気をつけないとコワイのだ。
☆ 「薬はコワーイ」 の巻 ☆

d0199677_755257.jpg

[PR]

by lenoel | 2014-01-19 07:52 | la vie en France | Trackback | Comments(12)
トラックバックURL : http://lenoel.exblog.jp/tb/20249689
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by denn at 2014-01-20 01:10 x
東京に住み始めた時、水道水でじんましんのようなアレルギー症状が出た私です。

私も花粉症もちで、たまに咳喘息(咳が止まらなくなる)。
結局、ステロイド剤が即効性があり確実です。
漫然とステロイドのタブレット錠を使用するのは、どうかと思いますが、
ここ最近、咳の予防や初期の咳症状はパウダー式吸入ステロイドを使用しています。
局所にしか薬剤は分布しませんし、量も微量です。
気管に微量のステロイドを吸い込みます。
グラクソスミスクライン社(UK)のフルタイド(日本名)は、航空機内にも持ち込めます(EUではFlixotideで販売されています)。
http://fr.wikipedia.org/wiki/Fluticasone
これに、抗アレルギー剤を併用する時もあります。

女性用化粧品は、成分を見ただけでひっくり返りそうな種類の有機化合物が添加されております。化粧品に対する日本の薬事法は緩いので、カネボウのような皮膚トラブル問題が起きてしまうんですね。
Commented by lenoel at 2014-01-20 05:46
ムッシューdenn、ボンジュール・・・♪

東京の水は、薬臭くて飲めません。特に夏。
水のせいなのか、日本へ行くと、コンタクトを入れている目が
滞在中はずっと充血しっぱなしで過ごしております。
パリに戻ると治るのに、おかしいですねー。
日本から来た旅行者の方が、「水をきれいにする技術は世界で一番なので安全」
とか言っていましたけど、何が安全で、何が一番なのだろうかと。
水でじんましんは怖いですね。。。
私は新鮮ではない魚介を食べるとじんましんが出ます。

何かの菌が入って半年間も咳が止まらなくなり
喘息の治療をしていたことがあるので、その辛さがよく分かります。
咳が出始めると、涙だけではなく鼻水やよだれも出て
どうしようもない状況になってしまいます。

化粧品は怖いので、安易に使わない方がいいです。
何も知らないでいるとヒドイ目に遭わされます。
Commented at 2014-01-21 00:51 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented at 2014-01-21 00:52 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented at 2014-01-21 00:53 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by nuri at 2014-01-21 10:46 x
ガレットがアレルギーの関係で食べれないんで残念でなりません。あと右手に指輪をすると被れてしまうのはめることができません。困ったものです。
Commented by lenoel at 2014-01-21 16:42
ムッシューdenn・・・♪

あの塩素の臭いがダメです。
そういえば、最近はそれほど臭いませんが、やはり気持ちのいいものではありません。

知人からマグネシウムの便秘薬をもらったことがありますが
その2~3時間後に吐き気が伴うほど体調が悪くなりました。
いくらナチュラルで問題がないと言われても、そういうものは異物と考えたい。
自然がイチバン。
普通に食事をして、適度に体を動かす規則正しい生活を心がけることです。

新鮮ではない魚は、私は海老で、どうも海老みそにヤラレてしまうみたいです。
体中の粘膜が異常反応を起こしたことがあり、医師から呼吸停止することもあるから
基本的にアレルギーのあるものは食べないほうがよいと言われました。
でも、新鮮ならまったく問題ありません。
Commented by lenoel at 2014-01-21 17:02
ムッシューdenn・・・♪

韓国が漢方に強いとは知りませんでした。
漢方などナチュラルなもので体質改善したいです。
フランスには、中世の時代から続くオメオパティというものがあり
私も使っていた頃もありますが、信憑性に欠けます。

パリの夏は湿度が低く、冬は高めになり、日本とは逆ですが
それでも日本より低いですね。
室内でもお洗濯物がよく乾くくらいですから。
ムッシューの前世はシンガポール人だったりして(笑)

バンコクでカットフルーツ~@@
前回のバンコクで、ドリアンを丸ごと食べきれないから切り売りされているものを買いました。
何事もなかったので良かったですが大腸菌はコワイです。
私は上海で病院送りになってことがありますよ。
到着してすぐに食事をしたところに問題があったみたいです。
それから4日間、激しい腹痛、下痢、高熱で、病院で注射を打たれましたが
治りませんでした。
中国は二度と行かない!!
Commented by lenoel at 2014-01-21 17:11
ムッシューdenn・・・♪

私も半年間の異常な咳に悩まされていた時期にタイへ遊びに行ったのですが
飛行機の中は、空気が汚れているのと乾燥しているから
死ぬほど咳き込みました~@@
あれで悪化したような気がします。。。
何で治療したのか覚えていませんが、多分ムッシューと同じものだったのかもしれません。
小型の器具を使い鼻から吸い込みます。
おかげさまで、2ヶ月間の治療でピタリと止まりました。

Commented by lenoel at 2014-01-21 17:15
nuriちゃん、ボンジュール・・・♪

ガレットと、言いますと小麦粉などのグルテンでしょうか。
友達もグルテン、牛乳のアレルギーなので食事に困ります。。。

右手だけ?面白い反応です・・・@@
結婚指輪は左なのでよかったですね♡
Commented by denn at 2014-01-22 00:09 x
>体中の粘膜が異常反応を起こしたことがあり、医師から呼吸停止することもあるから

アナフィラキシーショックと呼ばれるもので、急性かつ重篤なアレルギー反応で、処置を間違うと亡くなる場合がございます。
日本でも対応を誤り、問題になったことがあります。
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%A2%E3%83%8A%E3%83%95%E3%82%A3%E3%83%A9%E3%82%AD%E3%82%B7%E3%83%BC
Commented by lenoel at 2014-01-22 01:38
ムッシューdenn・・・♪

このときは、顔が化け物のようにはれ上がりました。
目とか、口の中とか、臓器(多分)あらゆるところが
痒くて気が狂いそうでしたよ~@@



<< 自慢の猫ちゃん♡      「ガッカリなお煎茶の謎」 の巻 >>