☆~ 美味しいものめぐり Paris ~☆ 

lenoel.exblog.jp
ブログトップ
2014年 02月 19日

かわいそうな君へ

d0199677_228199.jpg


どうしようもなく気まずい空気が流れていた。
勝手な思い込みや
他人から聞いたことを理解していないで話したり
威圧的な言動をするのなら
私には苦痛以外の何者でもなくなるので
相槌も返事もしないことにしています。


ザラザラした心
そして激しい妬みや反発も伝わってきた。
こちらはお金を払う立場のお客。
しかも、日本では考えられない大金を。


d0199677_2282022.jpg


君の場合は
まず、この国に税金を払ってから物事を言った方がよい。
税金を払うという事は
日本とパリを行ったり来たりの出稼ぎまがいなことをせず
ビザを申請して、労働許可付き滞在許可証を得ること。
聞いただけ、見ただけ、とはまったく違う
色々な事情が一つずつ分かってくるはずです。


君の妬みからでる不快な台詞と
やっている行動とが矛盾している。
日本のようにちょっと小銭を稼ぐ訳にはいきません。
例えば、アソシアションやお稽古事をするお教室を開くにも
法に基づいて手続きをしなくてはならない。
登録や契約、金銭のやり取りを明確にして税金を払うことになるので
現金での支払い、受け取りに気をつけないと法律違反となります。


少し前にも、同じ業界のジャポネーズが
平然と意地の悪い行動をとってくるので
その辺りを突っついたら謝罪してきました。
謙虚さがなければ、痛い目に遭いますよ。


日本の延長で稼いで稼いで
お金持ちになれば良いと考えている君。
実力もあるしセンスもある、それにまだ若い。
でも世の中、そんなものではない。


d0199677_2283314.jpg


d0199677_2292813.jpg

[PR]

by lenoel | 2014-02-19 04:54 | la vie en France


<< 「またもやアメリカーノにヤラれ...      「ノルベールに会った」 の巻 >>