☆~ 美味しいものめぐり Paris ~☆ 

lenoel.exblog.jp
ブログトップ
2015年 01月 11日

シャルリー・エブド襲撃事件の日の私・・・

1月7日(水)、ソルド初日の10半ころに
気味が悪いほどガラガラなメトロに乗り
目的地であるブティックへ行ったら
閉店していました。
もしかしたら、移転したのかもしれない
と、使用人に電話をして調べてもらいましたが
見当たらないとのこと。
これは、フランスの深刻な不景気なせいだ
と、勝手に解釈していました。
電話をしたときは11時を過ぎており
襲撃事件が起こった後のはずですが
何も教えてくれなかったのだ。
その後も、ブランド店で日本人店員さんたちとも
同じパリで起きた惨事の話題など出てこなかった。

Les Bacchantes で、遅い昼食をとっていたら
ふたりのオヤジから声をかけられて
一緒に飲んでいました。
そのうちの一人は、以前住んでいたところ
フランスのパパ&ママンと同じ地区で
パイロットの弟さんのフライトに合わせて
東京へ行ったことがあるそうです。
で、そのときも襲撃事件の話しがなかった。
16時に歯科医とランデヴーのときに
ドクターから聞いてやっと知ったのです。
(事件が解決していない翌日、翌々日も
私は信じられない行動をしておりました・・・@@)




d0199677_22442031.jpg
d0199677_22442678.jpg
d0199677_22444604.jpg



風刺週刊紙シャルリー・エブドは
違和感ある表現などから
過去にも放火されたことがありますが
今回の惨劇はいかなる理由でも
許されることではありません。
フランスで大切な言論の自由
民主的な文化が脅されたことに対して
「私はシャルリー」「我々はシャルリー」を合言葉に
連帯と非難が広がっていきました。

すべてのフランス人に集まってほしい
と、フランス大統領が
同時に各国首脳にも呼びかけた
テロ抗議の大規模デモ行進をTVで見ながら
支持率がひどく落ち込んだオランドの
いやらしいパフォーマンスに思えて仕方がない。

我が家のぼんやりした使用人も
珍しくデモ行進に参加する予定です。
犠牲者への祈りとともに・・・


d0199677_628619.jpg






[PR]

by lenoel | 2015-01-11 23:06 | la vie en France


<< おめでたいお正月料理 by 奥田      良品質な日本食料品を輸入するフ... >>