☆~ 美味しいものめぐり Paris ~☆ 

lenoel.exblog.jp
ブログトップ
2015年 06月 18日

私は 「おもてなし」 が苦手?

母と電話で話しているときに
あなたはおもてなしすることが好きではないからね
と言われました。
友だちを呼んでお茶や食事をすることは好きですが
相手が日本人となると気が重くなってきます。


d0199677_19281603.jpg


日本的な風習で手土産がありますが
相手のことを思って用意してくれた場合
「おもてなしの心」が伝わります。
私は外出先でお会いするときは
省かせていただいてますが
あるときに、相手が好きなものを思い出して
用意していったら
それとの交換という意味だろうか
どこかの粗品を渡されました。
それも一度開けたようなものを。
外出先なので
手ぶらを予想してのことだったのです。

またあるとき、日本ではあまり知られていない
アルマニャックという食後酒を持って行ったことで
相手の気分を害したことがあります。
小さな生産者が丁寧につくったものよりも
有名で、高級と言われる
コニャックの方が喜ばれたのです。
ついでに、旅先でのばらまき用に買う
お土産にも理解できません。


d0199677_19280635.jpg


おもてなしの心とは
形式に捉われることなく
物やお金で表すことができない心配りのこと。



d0199677_19292864.jpg
d0199677_19293838.jpg


祖父の代から家の付き合いのある方が
フランス旅行に来て
2日間パリに滞在していました。
私は顔を知っているくらいなので
お会いして食事をする程度の予定でしたが
観光ガイドをしてもらうつもりでいたのです。
せっかくのパリなので
案内してあげたい気持ちは山々ですが
こちらは普通に生活をしているため
お断りして現地のツアーをすすめました。
が、最終的に案内することに・・・。

たった2日間でしたが
口唇ヘルペスができるくらい疲れてしまい
1ヶ月に1度の大切な夕食会を欠席して
最後は、腰痛まで引き起こすくらいでした。


d0199677_19294220.jpg


おもてなしはご奉仕なので
自分ができる範囲のことはやりますが
それ以上を求められたら
前もって、お断りします。
やはり母が言うように
私は「おもてなし」が好きではないのかもしれません。


d0199677_19295290.jpg




[PR]

by lenoel | 2015-06-18 19:34 | la vie en France


<< 次回は北京ダックだ!      ブルゴーニュの玄関口でのロマンス!? >>