☆~ 美味しいものめぐり Paris ~☆ 

lenoel.exblog.jp
ブログトップ
2015年 08月 07日

親愛なるマガリ

8月上旬に引越しの準備をする為に
戻ってくるからね!
その時のマガリは眩しいくらい輝く笑顔だった。

彼女たちが隣に越してきてから
あっと言う間に仲良くなり
家族ぐるみのお付き合いをしていました。
それも、連絡なしに行き来する間柄で
2番目の子供が生まれたときも
退院して自宅に戻る途中に
我が家に寄りベベの顔を見せてくれたり
旦那の実家へも一緒に遊びに行くくらい
マガリや旦那のご両親とも
親しくさせてもらっていました。

サヴォア地方出身の素朴で明るいマガリ。
どんなに寒い冬の日でも
一日に一度は外に出るのが当たり前と
天気に関係なくよく一緒にお散歩もした。
母がパリに来るときに頼んだ
日本の駄菓子を子供のテオに渡したら
とても喜んでくれて
テオがサヴォアとパリの
おじいちゃん、おばあちゃんたちに電話をして
自慢したという話しもしてくれた。

今週の初めに戻ってきたときに
二人きりで食事にいく予定でしたが
近所のブラスリーが閉まっていたので
急きょ、我が家で簡単なお夕飯をしました。
準備中から、P親分からの電話が鳴り
マガリが来たら電話にださせて
私の栗色の瞳の話しを延々とするのだ。
しかも、酔っぱらっているので
いつものごとくしつこい。
大切な時間を邪魔されたくない為
電話にでないでいると
相変わらず何度も同じ話しと
マガリにも伝えるから電話に出せ!などが
留守電に入っていたのに笑ってしまった。

下の画像は、以前マガリからもらった
鉢の部分に磁石が付いた小さなランで
冷蔵庫に付けておいたら
そそっかしい私はぶつかり下に落として鉢を割ってしまった。
可憐な花が次々と咲いたランに
また花を咲かせることができるだろうか。



d0199677_22505838.jpg


昨日引越しが無事に終わり
さようならのビズをして見送ったら
不思議なことに、突然、あられが降ってきた。
まだまだ続くと信じていた楽しいお付き合いが
私の手からサラサラこぼれ落ちていくように
消えていった・・・


d0199677_18543604.jpg






[PR]

by lenoel | 2015-08-07 23:06 | la vie en France | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://lenoel.exblog.jp/tb/22005408
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。


<< 歌姫に会いに、Aux troi...      バカンス前半、それから・・・@@ >>