☆~ 美味しいものめぐり Paris ~☆ 

lenoel.exblog.jp
ブログトップ
2015年 12月 12日

やす かけがわ (Yasu Kakegawa) のお茶

パリ在住の掛川氏が手掛けている日本茶。
かなり前の話になりますが
撮影の日にご一緒させていただきました。



d0199677_05401507.jpg


(掛川氏のホームページ引用)
一番茶
日本茶の品質は、春から初夏にかけて生産される一番茶が最も優れます。
当店では一番茶にこだわり、その中でも良質な品を厳選いたしました。



d0199677_05402182.jpg


ノンブレンドのお茶
日本茶の多くはブレンドをされたものとなりますが
当店では良質なワイナリーのワインを楽しむのと同じように
優秀な生産者がつくるお茶をノンブレンドでご提供いたします。




d0199677_05402591.jpg


品種ごとの味わい
現在、日本で生産されるお茶の品種は栽培面積の約8割を「やぶきた」が占めます。
お茶とワインは共通する部分が多く、品種においても同様なことが言えます。
ワインにおけるメルローとピノノワールに異なった楽しみがあるように
お茶でも品種茶の楽しみをご提案します。
例えば、爽やかな香味の「香駿」 や「かなやみどり」
しっかりとした味わいの「おくひかり」などをご用意いたします。
品種ごとの味わいが楽しめるお店は日本でもまだ極わずかです。




d0199677_05403561.jpg



水の重要性
日本茶は非常にデリケートなお茶となります。
お茶をいれる際の水を選ぶことによって
本当の美味しさをお楽しみいただけることをご存知でしょうか?
これまで、日本茶をいれるお湯の温度について語られることはありましたが
いれる水の水質に関しては十分に取り上げられてきませんでした。
当店では、日本茶をより美味しくお楽しみいただけるように
日本茶にふさわしい水をあわせてご提案いたします。
日本の水とほぼ同じ香味でいれることが出来たミネラルウオーターとして
「Black Forest」「Mont Roucous」など。
お茶とあわせてお求めいただければ
日本茶本来の美味しさに触れることが出来ることでしょう。




d0199677_05403977.jpg


掛川氏のお茶は、繊細かつ味わい深い。
確かに、硬水のパリの水で美味しくお茶をいれるのは困難なこと。
お茶の味にうるさい私
でもパリの水道水で気軽に美味しく飲めるお茶がほしいです・・・。



d0199677_1402539.jpg





[PR]

by lenoel | 2015-12-12 19:30 | patisserie, cafe bar


<< 楽しいプチバカンス      牡蠣の季節、ここでも食べ物に釣... >>