☆~ 美味しいものめぐり Paris ~☆ 

lenoel.exblog.jp
ブログトップ
2016年 03月 27日

復活祭と春の訪れ

フランスの一般家庭では
復活祭前の金曜日にmorue(たら)
を食べる習慣があります。
教会関係者に質問をしたら
「肉を食べることを避ける」という意味で
特別に、魚(たら)という訳ではないとのこと。

干し塩だらのブランダード
ポルトガルの国民食材である干し塩だらは
調理する36時間前から塩抜きします。



d0199677_03214556.jpg



茹でたジャガイモをフォークで潰し
塩だら、パセリ、にんにくを混ぜる。




d0199677_03522518.jpg



フロマージュを乗せて焼く。




d0199677_03214993.jpg



下の画像は借りものですが
こんがりと焦げ目がつくとおいしい。




d0199677_03215254.jpg



そして、この日の前菜は
復活祭にちなんで、たまごを食べました。
ブルゴーニュ地方の伝統料理の
œufs en meurette (ウッフ・アン・ムレット)は
軽く焼いたバゲットの上に
落とし卵とじっくり煮込んだ赤ワインのソース
それらを絡めていただきます。




d0199677_03222676.jpg


フランスは、明日から夏時間となります。




d0199677_03215838.jpg


d0199677_1402539.jpg







[PR]

by lenoel | 2016-03-27 03:45 | la vie en France


<< 素敵な贈りもの      おもちゃ箱のような世界が広がる... >>