☆~ 美味しいものめぐり Paris ~☆ 

lenoel.exblog.jp
ブログトップ
2016年 03月 27日

素敵な贈りもの

いつも一緒にピアノを弾いているマリーとは
何時間も弾いて、夕食も共にして
夜中まで彼女と過ごすような日がしょっちゅうある。
子供のころからピアノを続けている彼女は
数年前から作曲の勉強を始めて
ピアノ曲、歌曲をいくつか書き上げています。
ある日、彼女の処女作をプレゼントしてくれました。
なんて、心温まる贈りものなのでしょう。

彼女から冬の間は鬱々したパリを離れて
数ヶ月タイで暮らす話を持ち掛けられました。
ピアノを買って
絵を描いて
思う存分太陽の光を浴びて
夢のような話です。

フランス人が別宅を買うときは
その土地に友だちも家を持っていることが
重要なポイントとなります。
その土地で新しい友だちをつくるのは難しい。
彼女の田舎の家がある村には
たくさんのパリの友だちの田舎の家がある。
このようなことができるのは
一部の階級の人たちです。

タイには彼女の遠い親族と友だちがいるし
第一に、フランスから飛び出したいそうだ。
私もたくさん友だちがいますが
12時間の飛行は厳しいので
南仏あたりが理想なのだが・・・




d0199677_07340548.jpg



d0199677_1402539.jpg





[PR]

by lenoel | 2016-03-27 07:50 | la vie en France


<< Gally のカフェ      復活祭と春の訪れ >>