☆~ 美味しいものめぐり Paris ~☆ 

lenoel.exblog.jp
ブログトップ
2016年 05月 15日

「昔住んでいた街のマルシェ」の巻

わが街のブリッジクラブで一緒のディディエは
私が昔住んでいた地区に住んでいます。
今でも定期的に行く
フランスのパパ&ママンが住んでいる地区です。
ディディエは、定年退職してからは
ブリッジなど、習い事や趣味を深めており
その他に、マルシェの魚屋さんで会計を担当している。
週に1度か2度、お昼過ぎまでの数時間を
頭を使い、お客さんたちとコミュニケーションをとる
よい時間を過ごしている。
フランスでは、趣味や活動の選択の幅が広く
お金を掛けることなく楽しむことができます。

地中海産のマグロ、天然鮭、揃えが良いよ。
友だち料金にするからおいで!
ということで、自家製シャケの燻製を2切れ
それから、鯛と小ぶりの鯖をどっさり買ってきました。




d0199677_19071062.jpg



わが街には、きのこ売りのおじさんも居なければ
今が旬のアスペルジュ・ソバージュが
なぜか手に入りにくい。
その上、パリ市内の高級地区と変わらないくらい
野菜や魚の値段が高いのだ。
近所のモノプリの魚売り場で
鮭は皮の部分をとって売られているのは
ブルジョア層の街だから、だそうです。
昔住んでいた地区のほうが
断然暮らしやすかったなぁ・・・・。




d0199677_19071712.jpg

d0199677_1402539.jpg






[PR]

by lenoel | 2016-05-15 19:08 | la vie en France


<< 「楽しかった歌姫のコンサート」の巻      大切な人を想う >>