☆~ 美味しいものめぐり Paris ~☆ 

lenoel.exblog.jp
ブログトップ
2016年 11月 06日

「記憶力の低下に怯える」の巻

記憶力はかなりよいほうでした。
例えば、2歳半ころからの記憶があるし
以前は、電話帳の電話番号をすべて覚えていましたが
今では、自分の携帯電話の番号しか覚えておらず
自宅の電話番号すら知らないのです。
今の時代、携帯電話の番号で事が済むため
覚える気がない、ということもあるが
自宅の電話番号を知らないとは、ある意味、すごいかも。

今一番恐れているのは
銀行カードの暗証番号を度忘れすることです。
お店でカードを使うときは、忘れても現金があれば払えるし
購入しなければよいだけですが
駐車場で時折パニックを起こしてしまう。
パーキングチケットのマシーンを目の前に
暗証番号を思い出せなくなってしまうが
チケット無しで車を放置すると罰金ですからね。
銀行カードの暗証番号を
1日に3回間違えてしまうとカードが使えなくなり
銀行から新しいカードが届くまで待たなくてはなりません。
半年前に、1日に3回間違えてしまい
新しいカードが届いてからも
それを、3回繰り返してしまったことがあります。
因みに、カードの暗証番号は銀行が決める。

それから、携帯電話のPINの番号を忘れてしまうこと。
先日も、フランスのママンと話していたときに
バッテリー切れと同時に電源が切れてしまいました。
すぐに充電をしたが、PINの暗証番号を思い出せなかったため
何日も携帯電話を使うことができませんでした。
フランスのママンから
銀行カードの暗証番号を、携帯電話に入れておくことと
すべての暗証番号をメモしておきなさい、と注意された。

ほかにも、様々な暗証番号、パスワードを突然忘れてしまい
どうしても、思い出せないことがあります。
銀行カードのように数字を忘れることは
すぐ自分に跳ね返ってくるので自覚があるが
過去の出来事で忘れてしまったことに関しては
責められると困る。
今までこんなことがなかったのに。。。
逆に、他人からやられたコトは
きっちり覚えています。

突然の記憶力の衰えは年齢のせいではなく
脳の病気かもしれない、と悩んでいました。
ネットで調べて思い当たることが
ストレスが発散できていない、アルコールの飲みすぎ、ですが
アルコールは好きだけれど
ワインとビールくらいしか飲めないし
添加物アレルギーが年々ひどくなっているから
摂取量が減ってきています。
日本の母も、私と同じころから始まっているので
父の死のショックが大きかったのでしょう。
母の場合は、年齢も関係しているので
アルツハイマーや痴ほう症も疑いました。

私の一番の原因は、ヤツしかいない。
本来ならば、心の支えとなって欲しかったときに
悪意がないことは知っているが
相手の立場に立って考えることができないため
私に精神的に大きなストレスを与えていたのだ。





d0199677_05221768.jpg



d0199677_1402539.jpg





[PR]

by lenoel | 2016-11-06 05:34 | Bridge | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://lenoel.exblog.jp/tb/23598921
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。


<< やはりそうだった・・・      「不思議なチカラ」の巻 >>