☆~ 美味しいものめぐり Paris ~☆ 

lenoel.exblog.jp
ブログトップ

カテゴリ:Allemagne( 7 )


2016年 03月 18日

おもちゃ箱のような世界が広がるニュルンベルク

中世の時代は、商業都市として栄え
ドイツ美術史最大の画家デュラーも生み出した
絵葉書のように美しいニュルンベルク。
第二次大戦で旧市街のほとんどが破壊されてしまったが
新しい街をつくらないで、元の姿に修復しています。



d0199677_17444651.jpg



ヘンカーシュテーク(死刑執行人の小橋)
という名まえの屋根付きの木橋。




d0199677_17465933.jpg



鎖橋を渡りながら写した
ペグニッツ川に掛かるふたつの橋。




d0199677_17445872.jpg



中世の街並みが再現された「職人広場」は
城壁の中にこじんまりとした空間で
広場、というよりも石畳の小路に
小さなレストランや小物店が並んでいる。
民芸品やアンティークなど
心温まる素朴で可愛い小物が溢れていました。




d0199677_17460910.jpg



大聖堂と教会めぐりもしました。
第二次大戦で空襲によって被害を受け
無残な姿となった聖ローレンツ教会。
(13~15世紀に建立)
寄付金などで、修復されました。




d0199677_17461484.jpg
d0199677_17461731.jpg



受胎告知





d0199677_17462642.jpg




聖ゼバルドゥス教会




d0199677_17454621.jpg


もうひとつの教会に行きましたが
どこだったのか・・・
そして、ミサにも出席する予定でいたのに
歩き疲れと寒さで夜の外出を諦めました。
ドイツのミサを知ることができるよい機会だったので
ちょっぴり心残り。
また近いうちに遊びに行こう。



d0199677_1402539.jpg






[PR]

by lenoel | 2016-03-18 17:49 | Allemagne | Trackback | Comments(0)
2016年 03月 17日

3大クリスマス市のひとつ、ニュルンベルク

ドイツはよい思い出ばかり。
この国に来るたびに
おとぎの世界に迷い込んだような
まるで物語の主人公になった気分になります。



d0199677_17532294.jpg



クリスマス市発祥の国ですが
最も有名と言われているのが
ニュルンベルクのクリスマス市。
実は、数年前に母も訪れていたとのこと。

ピリリと寒い12月のドイツで
あちらこちらの屋台から
ジューッとソーセージを焼く香りと煙の
この雰囲気がたまらなく好きです。
パリのクリスマス市は
ノエルと関係ないものばかりなので
気分が盛り上がりませんが
こちらは、伝統的な可愛いものでいっぱい。




d0199677_17533008.jpg



ニュルンベルクのクリスマス市は
ドイツ伝統的な市とインターナショナルの市があり
スパイスが香るホットワインを片手に歩き回った。




d0199677_17533938.jpg
d0199677_17534484.jpg



ホットワインのカップは
クリスマス市が開かれる街によって
デザインが異なります。
毎年、デザインが変わるのが魅力だ。
下の画像は、ニュルンベルク歴代のもの。




d0199677_17534726.jpg



駆け足ですぎていった季節・・・




d0199677_17535713.jpg


d0199677_1402539.jpg








[PR]

by lenoel | 2016-03-17 17:56 | Allemagne | Trackback | Comments(0)
2016年 03月 11日

ナチス党の象徴

なぜ、案内したかったのかを
聞きそびれたままでいます。
イタリア、ローマにあるコロッセオの形をした
ナチス党大会会場跡は巨大だった。
現在は、ドキュメントセンターとなり
さまざまな映像や資料が展示されています。




d0199677_22334379.jpg
d0199677_22383276.jpg



ナチス軍の行進や演説が行われたツェッペリン広場。
ヒトラーが立っていた、と思われる部分
民衆の熱狂的な支持、拍手喝采
盛大な歓喜の声をあげた
白黒画像で何度もみた歴史的な場所は
廃墟のようになっていた。
歴史的といっても、ほんの数十年前の話だ。




d0199677_22375850.jpg
d0199677_22375588.jpg



ナチス党大会会場跡は
ドイツの冬の夕暮れに見事に溶け込んでいた。





d0199677_22381058.jpg
d0199677_22390037.jpg

d0199677_1402539.jpg






[PR]

by lenoel | 2016-03-11 22:40 | Allemagne | Trackback | Comments(0)
2016年 03月 10日

世界遺産の街、バンベルク


d0199677_21092369.jpg



バイエルン地方バンベルクを
美しい小ベニスと
友人が案内してくれました。
奇跡的に第二次世界大戦で被害を受けることなく
中世の街並みを維持しています。
ウィキペディアによると
バンベルクは、大学都市であり、大司教の都市であり
ビールの都であり、行政都市である。




d0199677_18135863.jpg
d0199677_18140698.jpg




グレニッツ川の中州にたたずむ市庁舎の
バロック時代のフレスコ画が素晴らしい。





d0199677_21082884.jpg
d0199677_21083298.jpg




ノエルの季節らしいお菓子が並んでいました。
ドイツの伝統菓子(伝統菓子でなくても)は
素朴な味、というより
単純に大味なものが多い。
ビスキュイやケーキなどに
スパイシーな香りとナッツが入っていると
ドイツを思い懐かしみます。





d0199677_18141086.jpg



フラームクーヘンと呼ばれるピザは
フランス・アルザスで食べたタルトフランベですが
友人は、ドイツ・バイエルン地方のもの
といっていました。
この料理ひとつにとっても
ドイツとフランスの複雑な歴史が交錯している。
フランスに暮らす以前に訪れたときと
今とでは、受け取り方が異なっています。




d0199677_18141671.jpg


白ワインのホットワインは
フランスでは飲んだことがないかもしれません。




d0199677_18141991.jpg



友人もこの街の大学に通い
ビヤホールで地元のビールをよく飲んでいたそうです。
地元の黒ビール、美味しかったー!
ジョッキも前払いとなり
飲み終わり返却するとお金を返すシステムとなります。




d0199677_18142126.jpg
d0199677_18142348.jpg
d0199677_18142878.jpg



バンベルク大聖堂。
ドイツはプロテスタントと信じていましたが
カトリック30%、プロテスタント30%で
バイエルン州など南部にカトリックが多いとのこと。




d0199677_18143183.jpg
d0199677_18143550.jpg



この荘厳で神々しいカテドラルで
キャンドルを灯したことを思い出すと涙がでてきそう。




d0199677_18143750.jpg
d0199677_18144009.jpg

d0199677_1402539.jpg




[PR]

by lenoel | 2016-03-10 18:16 | Allemagne | Trackback | Comments(0)
2016年 03月 02日

楽しかったドイツのノエル

遠い記憶の物語となった12月のドイツ・・・


d0199677_07180687.jpg
d0199677_07314369.jpg



ソーセージを焼く屋台、伝統菓子
クリスマス用の飾り、ビールにホットワイン
ドイツのクリスマス市でよく見かける光景です。
ヨーロッパの冬の風物詩であるクリスマス市ですが
実は、ドイツが発祥の国といわれいる。




d0199677_07182295.jpg



私の胃袋を刺激した
ソーセージとホットワイン。
ドイツでホットワインを買うときは
カップ代も一緒に払い
返却すると返金されるシステムになっています。
ぷっくら可愛いカップをパリに持ち帰りました。
各街ごとにカップのデザインが異なり
毎年デザインを変えるそうです。
我が家にはこれで二つ目。




d0199677_07092957.jpg


ドイツの伝統的な朝食。



d0199677_07093335.jpg
d0199677_07093816.jpg


白ソーセージを食べるときは
必ず、ヘンデルマイヤーのマスタードをつけます。
少しだけピリっとする甘酸っぱい味。




d0199677_07094189.jpg
d0199677_07094459.jpg


d0199677_1402539.jpg






[PR]

by lenoel | 2016-03-02 07:10 | Allemagne | Trackback | Comments(0)
2013年 01月 04日

バーデンバーデンのマルシェ・ド・ノエル

d0199677_721435.jpg


思った通りで、ドイツのマルシェ・ド・ノエルは
素朴で伝統的なところがよく
地方のどこかのんびりした雰囲気もまたいい。


d0199677_7212861.jpg

d0199677_7214033.jpg


フランス国境から近いため
フランス人の店も出ているので
言葉にはあまり不自由しません。


d0199677_721507.jpg


ヴァン・ショー(ホット・ワイン)。


d0199677_7221153.jpg


ヴァン・ショーを買うときは
マグカップ分も先に払いますが
マグカップを返すと返金してくれます。

私は欲しかったので
記念にそのまま持って帰ってきました。
毎年集めたいな♡


d0199677_722216.jpg


あれもこれも欲しがる母。
母も私も食べることに貪欲なため
見るもの、見るもの、味見をしたくなります。


d0199677_7235049.jpg


ヴァン・ショーを飲みながら全部平らげました。


d0199677_7241773.jpg


先日のベルリン出張で同じものを食べた使用人は
こちらの方が美味しいと言ってました。


d0199677_7245877.jpg


フランス人のお店でヌガを購入。


d0199677_7281846.jpg


パリのサロン・ド・ショコラへ毎年行くから会おうね。
とのこと。


d0199677_7283248.jpg


ずーっと迷って最後に買った生ショコラは
もっと買えばよかったと後悔するくらい美味しい。

このブログをみたいからメールアドレスを渡されたけれど
ドイツ語のスペルが入っているから送れないかも。。。


d0199677_728465.jpg


丸1日温泉、ショッピング、マルシェ・ド・ノエル・・・
ドイツでノエルを過ごすのはこれほど楽しいとは。


d0199677_7285867.jpg


また来年もドイツで過ごしたいくらい。


d0199677_451423.jpg

[PR]

by lenoel | 2013-01-04 07:50 | Allemagne | Trackback | Comments(0)
2013年 01月 04日

バーデンバーデンで過ごしたノエル

d0199677_4521687.jpg


スイスの友人ニコルの旦那が
年末年始にモロッコでコンサートをやるので
私もそちらで過ごそうと考えていた矢先に
母がパリに来ることになりました。

ストラスブールのマルシェ・ド・ノエル
見に行きたがっていたので
思い切って行くことにしましたが
本当のところ、ストラスブールのマルシェ・ド・ノエルには興味がなく
それに、この時期のストラスブールはホテルが満室。

以前からドイツのマルシェ・ド・ノエルを見たかったので
フランス国境に近く、温泉でも有名なバーデンバーデンに滞在して
温泉&ドイツのマルシェ・ド・ノエルを楽しむことにしたのです。

ちなみにバーデンバーデンからストラスブールは
車で一時間なので簡単に行ける距離。
でも、パリからドイツは遠かった。。。


フリートリッヒ浴場↓
d0199677_4524599.jpg



カラカラ浴場↓
d0199677_453974.jpg


滞在先は、ベルリンの壁崩壊前に東ドイツから来た
親切なご夫婦が経営する魅力的な宿。


d0199677_4532583.jpg


ゆったりめの寝室がふたつあり
お台所もお風呂場もすべて清潔で快適でした。


d0199677_4533990.jpg


この地方の料理が食べれる店を紹介してもらいました。
ブドウ畑の丘を上がっていったところにあるので
眺望が素晴らしい。

もちろんバーデンバーデン産ワインで乾杯です。
ウィーンで昔のボヘミア料理を出す店で食べた料理に似ており
特にソースがとても美味しいのに感激♡


d0199677_4554372.jpg

ドイツで静かにノエルを過ごすってステキ・・・


d0199677_4561433.jpg

[PR]

by lenoel | 2013-01-04 05:46 | Allemagne | Trackback | Comments(0)