☆~ 美味しいものめぐり Paris ~☆ 

lenoel.exblog.jp
ブログトップ

カテゴリ:patisserie, cafe bar( 50 )


2016年 12月 30日

マルキーズの集い @ Bar du pavillon LEDOYEN

12月に入ってから、友人たちに会う機会が増えてきました。
度々顔をだしているマルキーズの集いは
半年ぶりになるのだろうか。
ブリッジのトーナメントを始めてから
友だちに会う時間もないまま月日が流れてゆき
LEDOYEN(ルドワイヤン)にバーができたことも
知りませんでした。




d0199677_15552902.jpg



ロゼ・シャンパーニュがベースの
メリークリスマスというカクテルは、déçu ....




d0199677_15552323.jpg


d0199677_1402539.jpg




[PR]

by lenoel | 2016-12-30 15:58 | patisserie, cafe bar | Trackback | Comments(0)
2016年 08月 09日

「かき氷、好きではなかったかも・・・」の巻

歌姫と16区ヤマザキでかき氷を食べたときのこと。
かき氷は好きではなかったかも、と
記憶の糸をたどりながら・・・
子供のころにアイスを買ってもらうときも
かき氷を選んだことがないし
かき氷器を買ってもらったことがありますが
着色料と添加物たっぷりの
イチゴ、メロン、レモン味のシロップが好きではなかったし。
手動なので苦労しながら削っていると
ガリガリ奇妙な音に反応して飼い犬が吠えていたっけ。

家族で京都へ行ったときに
白玉宇治金時の白玉を初めて食べて喜んだが
東京ではまだ珍しかったと記憶しています。
うーん、やはり、かき氷が食べたくなったことは
殆どないかもしれません。
でも、一時帰国のときに「大阪まえだ」で食べた
かき氷は美味しかった。
いつの日か、また大阪に行くことがあったら
いや、それを食べにいってもよいくらいです。
ということは、美味しいかき氷は好き...編集





d0199677_23035339.jpg


d0199677_1402539.jpg






[PR]

by lenoel | 2016-08-09 23:36 | patisserie, cafe bar | Trackback | Comments(0)
2016年 04月 07日

少し前に話題になったチーズケーキの店 She's cake

この日は、歌姫と昼食をとったあとに
チーズケーキ専門店へ行きました。
「チーズケーキ」はアメリカ発祥と思い浮かべますが
また私の勝手な思い込みかもしれないので
ウィキペディアをみました。

チーズケーキの起源は、古代ギリシャまでさかのぼる。
現在のようなベイクドチーズケーキは
中世前期ポーランドのポドハレ地方。
数世紀のうちに、チーズケーキはポドハレ地方付近のユダヤ人が
アメリカにレシピを持ち込んだことから始まったそうだ。

そういえば、最近はめったに買わなくなりましたが
フランスにも Tourteau fromagé(トゥルトー・フロマジェ)という
表面が真っ黒に焦げたチーズケーキがあります。



d0199677_18033778.jpg



冴えない店, she's cake ・・・




d0199677_16435184.jpg
d0199677_16434940.jpg



たくさんの種類の中から
抹茶のチーズケーキを選びましたが
繊細な抹茶の味が酸味で台無しです。
これで、6.5ユーロ前後。
歌姫の栗のチーズケーキは美味しかったそうです。
個人的には、せいぜい果物くらいの
シンプルなチーズケーキが好きだ。




d0199677_16434598.jpg



d0199677_1402539.jpg






[PR]

by lenoel | 2016-04-07 16:57 | patisserie, cafe bar | Trackback | Comments(2)
2016年 03月 30日

Gally のカフェ

近所の植木屋さんで鉢植えの木を買ったら
もっともっと増やしたくなった。
どれほど手間がかからない植物でも
簡単に枯らしてしまうので
プロフェッショナルなエレナを誘って
ヴェルサイユの先にある Gally へ
久しぶりに行ってきました。
彼女の家には、たくさんの花や観葉植物が
お洒落に飾られています。
日本の華道にも興味をもち
一緒に習おうと誘われましたが
私の予定が合わないため
頑張ってひとりで続けている様子です。

あと少しで到着!というところで
高速道路に乗ってしまったり・・・
私にはGPSなんてまったく役に立ちません。
あぁ、エレナと一緒でよかった。。。




d0199677_05182301.jpg
d0199677_05184517.jpg



2,3年前からウサギや鳥も売られるようになりました。



d0199677_05190938.jpg
d0199677_05192566.jpg



野菜や果物と
それから、GALLYでいつも買うヨーグルトも。



d0199677_05193027.jpg



奥に見えるのが新しくできたカフェ。



d0199677_05193307.jpg



手づくりのケーキをつまみながら
おしゃべりの時間です。
cafe Gally



d0199677_05193728.jpg
d0199677_05194193.jpg



ふたつだけ残っていた半額の
場所に困るくらい見事な大きな鉢植えの花を見つけて
ふたりのためにあるようなもの!と
エレナはささっと台車に乗せた。
ほかに、観葉植物、サボテン、球根などいろいろ・・・。
次回は、エレナの車で連れて行ってくれるとのこと。




d0199677_05194432.jpg

d0199677_1402539.jpg






[PR]

by lenoel | 2016-03-30 05:46 | patisserie, cafe bar | Trackback | Comments(0)
2015年 12月 17日

世界の紅茶・緑茶専門店 Lupicia

偶然みつけた紅茶と緑茶専門店ですが
あまりの品ぞろえに驚きました。
お茶の葉の色や形、大きさを見て
香りを嗅ぐこともできます。
ひとつひとつ
見ていくだけで楽しい。



d0199677_05263699.jpg
d0199677_05264043.jpg


急須や鉄瓶、お茶碗もありましたが
それにしても広いです。


d0199677_05264517.jpg
d0199677_05264949.jpg
d0199677_05270069.jpg

賞味期限が間近になったお茶は
少々割り引いてありました。



d0199677_05270411.jpg
d0199677_05270764.jpg


試飲のサービスもあります。
お煎茶を試飲して気に入った味が天神
あとは、試飲なしで
お抹茶入り煎茶、台湾ウーロン茶を買いました。
やはりお煎茶は高い。
お茶は一時帰国のときに
大量に持ってこようっと。



d0199677_05270931.jpg


d0199677_1402539.jpg






[PR]

by lenoel | 2015-12-17 05:24 | patisserie, café bar | Trackback | Comments(2)
2015年 12月 14日

和楽 waraku

久しぶりに和楽で和菓子を。
カウンターに座り
作られていく過程をみるのが好きです。



d0199677_05052695.jpg


ころりんと丸くて
優しい色合いが心休まる。
控えめな甘さが嬉しい。



d0199677_05052921.jpg
d0199677_05053213.jpg



あーあ、どら焼きも食べてしまった。



d0199677_05053437.jpg

d0199677_1402539.jpg





[PR]

by lenoel | 2015-12-14 02:39 | patisserie, café bar | Trackback | Comments(0)
2015年 12月 13日

料理の質が落ちてきた・・・L'Avant Comptoir

Yves Camdeborde の料理を La Régalade で食べています。
2005年に Le Comptoir をオープンしてからは
半年先も予約がとれないことで有名でしたが
数年前から評判が落ちているのは
どうやらフランスでよくある
レストラン専門のスーパーマーケット商品を使っているらしいから。
料理人が料理したものではなく
加工されているインスタント食品を店でだすということです。



d0199677_05243330.jpg


ホテル、レストラン、タパスを経営。
それから、近々ワインバーができるそうですが
料理人がビジネスマンになったら
その店で美味しいものは期待できない。



d0199677_05243697.jpg


ちらりと文句を言ったら作り直してくれましたが
どちらにしても食べれなかった。。。



d0199677_05243992.jpg

d0199677_1402539.jpg






[PR]

by lenoel | 2015-12-13 19:16 | patisserie, café bar | Trackback | Comments(2)
2015年 12月 12日

やす かけがわ (Yasu Kakegawa) のお茶

パリ在住の掛川氏が手掛けている日本茶。
かなり前の話になりますが
撮影の日にご一緒させていただきました。



d0199677_05401507.jpg


(掛川氏のホームページ引用)
一番茶
日本茶の品質は、春から初夏にかけて生産される一番茶が最も優れます。
当店では一番茶にこだわり、その中でも良質な品を厳選いたしました。



d0199677_05402182.jpg


ノンブレンドのお茶
日本茶の多くはブレンドをされたものとなりますが
当店では良質なワイナリーのワインを楽しむのと同じように
優秀な生産者がつくるお茶をノンブレンドでご提供いたします。




d0199677_05402591.jpg


品種ごとの味わい
現在、日本で生産されるお茶の品種は栽培面積の約8割を「やぶきた」が占めます。
お茶とワインは共通する部分が多く、品種においても同様なことが言えます。
ワインにおけるメルローとピノノワールに異なった楽しみがあるように
お茶でも品種茶の楽しみをご提案します。
例えば、爽やかな香味の「香駿」 や「かなやみどり」
しっかりとした味わいの「おくひかり」などをご用意いたします。
品種ごとの味わいが楽しめるお店は日本でもまだ極わずかです。




d0199677_05403561.jpg



水の重要性
日本茶は非常にデリケートなお茶となります。
お茶をいれる際の水を選ぶことによって
本当の美味しさをお楽しみいただけることをご存知でしょうか?
これまで、日本茶をいれるお湯の温度について語られることはありましたが
いれる水の水質に関しては十分に取り上げられてきませんでした。
当店では、日本茶をより美味しくお楽しみいただけるように
日本茶にふさわしい水をあわせてご提案いたします。
日本の水とほぼ同じ香味でいれることが出来たミネラルウオーターとして
「Black Forest」「Mont Roucous」など。
お茶とあわせてお求めいただければ
日本茶本来の美味しさに触れることが出来ることでしょう。




d0199677_05403977.jpg


掛川氏のお茶は、繊細かつ味わい深い。
確かに、硬水のパリの水で美味しくお茶をいれるのは困難なこと。
お茶の味にうるさい私
でもパリの水道水で気軽に美味しく飲めるお茶がほしいです・・・。



d0199677_1402539.jpg





[PR]

by lenoel | 2015-12-12 19:30 | patisserie, café bar | Trackback | Comments(0)
2015年 11月 20日

ふたご座のオトコ

ふたご座の特徴は、適応能力が大きく、知恵が回ります。
また、ふたご座は戦略の駆け引きや舌戦を好みます。
時に深く、時に曖昧で、この星はミステリアスで同時に新しいことが好きです。

長所は、好奇心旺盛で、活発・社交的です。
彼らと接するのが心地よいのは一般的に楽観的で幸せに暮らしている人だから。
行動から学ぶべきことは多くそれは何にでも興味を抱く偉大な情熱家だからです。


(画像は、ふたご座の Denis と bar à vin)


d0199677_07550720.jpg


ふたご座と知ってから
なんとなく気になる3人の友だちがいますが
ふたご座同士は相性がよいかもしれません。
そのうちのふたりは私と生年月日が1週間ちがいでした。

ふたご座の男性は、完璧さに心を砕くタイプ。
まるで珍しい真珠、つまり完璧な女性を求めるのです。
このパートナーはよい印象を与えたがり軽々しく身を投じたりはしないのです。



d0199677_07551095.jpg


母と私は同じ誕生日のふたご座。
ふたご座の女性は理想主義で、精神的な探究を求めます。
パートナーを魅惑し、自分のすべてを与えることを好みます。
陽気で、快く受け入れてくれます。




d0199677_07551404.jpg


私が困ったときに日頃の仕返しを試みる
姑息なさそり座の男よ
そういうところが嫌い、と何度言っても分からないな。
怒りがまだ収まらないぞ。

さそり座
警戒心が強く、直ちに信頼を寄せることはありません。
そのせいで損をしていて、取り巻きになるのは大変です。
少々病的な嫉妬心を持っています。
危険な状態だと感じた時や状況がまずい時には、自己破壊に陥りますが
それは意図したものではないのです。


d0199677_2153467.jpg





[PR]

by lenoel | 2015-11-20 21:27 | patisserie, café bar | Trackback | Comments(2)
2015年 11月 02日

タパスの店 L'avant comptoir が台湾で大流行だってー

タパスで集合。
最近は、メニューが少し変わり
量が少なくなったような気がしますが
食べ物もワインも種類が豊富なのでうれしい。
アレルギーを持っているので
防腐剤なしがない場合は
質のよいワインを選ばなければなりません。


d0199677_1391810.jpg


アジア人がとても多いのが気になっていましたが
どうやら台湾で有名らしく
パリにきたらここでつまむのが流行っているそうです。
そんなにタパスが好きなら
サンセバスティアンへ行けば!というと
タパス&豊富な種類のフランスワインに惹かれるのだとか。



d0199677_1392423.jpg


人数が多ければ
何種類もつまむことができて楽しい。
台湾では、こちらの店が有名で
パリへ行ったらここでタパスを食べたいのだそうです。
タパス=ポルト(ポルトガル)でしょ、と言ってましたが
スペインではないでしょうかね。
さーてと、ここから下は、頼んだ料理の画像です。
ア・ビアン・ト



d0199677_139274.jpg

d0199677_1392928.jpg

d0199677_1393155.jpg



d0199677_1393979.jpg


d0199677_1393569.jpg

d0199677_1394383.jpg

d0199677_1394581.jpg

d0199677_1394774.jpg

d0199677_1402539.jpg





[PR]

by lenoel | 2015-11-02 01:07 | patisserie, café bar | Trackback | Comments(0)