☆~ 美味しいものめぐり Paris ~☆ 

lenoel.exblog.jp
ブログトップ

<   2012年 12月 ( 20 )   > この月の画像一覧


2012年 12月 28日

P親分と「きよ水」に出没した夜

d0199677_4403721.jpg


P親分の命令でルドワイヤンへお迎えです・・・@@
あーなんで昼食会で飲みすぎた
酔っ払いオヤジの相手をしなくてはならないのだろうか。

母と一緒に来るときの予約をディレクターに頼み
シェフのル・スケール氏と挨拶をして外にでました。


d0199677_4411871.jpg


その後、シャンゼリゼの脇に入ったバーで
紅茶を飲んでからきよ水へ行きました。
残念なことにランジスから新鮮な魚が来ない日なので
お寿司ではなく幕の内にしました。


d0199677_442296.jpg


P親分はもう食べれないと言っていたはずなのに
天麩羅の写真をみたらササっと注文。

酔っ払ってしつこい!というと
お前の性格だって相当しつこいぞ!
おっしゃるとおりだけど・・・


d0199677_4431486.jpg


「きよ水」の本社の方々が私の記事を読んで下さり
中嶋氏が頑張っていることを褒めてくださったそうで
そのお礼を言われました。

良いことでも、悪いことでも
感じたことを率直に書くために始めましたが
このようなことは、初めてなので嬉しいです♡


d0199677_4422264.jpg


一生懸命に丁寧な仕事をしている人の料理は
食べる側にきちんと伝わってきます。
これからも、美味しいものを提供してください!!


d0199677_442435.jpg


こちらの鍋、少々文句をつけてしまいました・・・@@
すみません。


d0199677_4441323.jpg


大将も厨房から挨拶にでてきてくださり
そして、また立派なデセールをご馳走になりました。
メルシー♡


d0199677_4443016.jpg


またヒョッコリお邪魔します。


d0199677_444591.jpg

[PR]

by lenoel | 2012-12-28 05:07 | restaurant japonais
2012年 12月 28日

弁護士事務所へ遊びに行くの巻

d0199677_3505447.jpg


音信不通だった友人から
突然連絡がありました。

彼からの連絡が
正直、誰だったのかわかりませんでした。


正義の女神 テミス像↓
d0199677_3511926.jpg


知らない番号は、いつもは無視しますが
あなたは誰?と何故か、返信をしたのです。


フランス国民議会議事堂↓
d0199677_3513115.jpg


その返事は、彼のフルネーム。
そして、どうして vous を使うの?でした。

フランスでは友人同士など仲がよい者同士はもちろん
職場でも上司と部下でもtu を使って呼び合うことがあります。


d0199677_3514138.jpg


あぁ、懐かしい。
そうか、疎遠になってしまいましたが
そういえば何度か近況を伝えてくれましたっけ。

d0199677_6324038.jpg


友人: 早く会おうよ!いつ会える?

私: 母が来るから、その前か1ヶ月先。


d0199677_3521543.jpg


昔遊びに行ったあなたの事務所へ行きたいわ!!
ということで、招待してくれました。


d0199677_3525640.jpg


裁判のときだけ身にまとうコスチュームも
特別に見せてくれたのです。

また近いうちに会おうね!!
ビズをして外に出ました。

d0199677_539567.jpg


Joel WERBA
91 rue de l'université 75007 Paris
Tel: 01 45 51 80 16


その瞬間、P親分から電話が・・・@@
つづく


d0199677_3542978.jpg

[PR]

by lenoel | 2012-12-28 04:14 | la vie en France
2012年 12月 28日

再び Garance (ギャランス) へ

d0199677_2551981.jpg


☆ 前回の記事 Garance ☆

料理人の仕事を見ているのが好きなので
予約のときに調理場の前のカウンターをお願いしました。

申し訳ないと、上の階のカウンターを用意してくれましたが
どうしても下の階がいいので、アペリティフを飲んでから
調理場の前で食事をさせてもらいました。

こちらが、ハンサムなディレクター。


d0199677_2554595.jpg


何枚か撮るよと、言うと
恥ずかしそうにポーズをとる。


d0199677_2561119.jpg


ワインが色々と揃っています。


d0199677_2562424.jpg

d0199677_256344.jpg


日本人女性がひとりで来ていたので話しかけてみたら
行きたいレストランの料理人の方でした。
色々な話ができて楽しかったわ♡


d0199677_2565922.jpg


鴨、かぶのブイヨン、鶉の卵。


d0199677_2571475.jpg


料理人がキビキビと動く姿は気持ちがいい。


d0199677_2583010.jpg


鶏、キャロット、パルメザン。


d0199677_2592581.jpg


タルト・オー・ショコラ。


d0199677_2593853.jpg


ギモーヴ。


d0199677_259483.jpg


前回のような喜びはなかったけれど
お店の方たちは親切な対応ですし
ディレクターがハンサム♡

なんて喜んでいたら
4時半にルドワイヤンに来い! Pより、と
P親分から意味不明のメールが来た。コワーイ・・・・@@
(でも、自分でPって笑えるぞ)

この後は、弁護士の友人と約束があるし
携帯電話の調子が悪いから無視しようか。。。


d0199677_3221956.jpg

[PR]

by lenoel | 2012-12-28 03:27 | restaurant francais
2012年 12月 28日

母がパリにやってきた

d0199677_1524340.jpg



12月中旬に母がパリに来ました。

d0199677_1543286.jpg


翌日にバレー鑑賞
ブルゴーニュのP親分のところで食事をして
それから、小旅行に出ていました。


d0199677_1544443.jpg


旅行が大好きな母は
30カ国以上訪れている私が
まだ行っていない国々にも旅行をしています。

フランスもほぼ一周しているため
一度訪れているところはあまり興味を示しませんが
今回はパリを満喫する目的できてくれました。


d0199677_155287.jpg


連日外出しているため
私が少々バテ気味ですが
なかなか親孝行ができなかったので
母が元気なうちに一緒に楽しみたい。


d0199677_1552554.jpg


約一ヶ月、母のパリ滞在記を
写真を整理しながら綴っていきます。


d0199677_1554092.jpg


皆さまも年末で忙しいと思いますが
風邪に気をつけてお過ごしください♡


d0199677_1561923.jpg

[PR]

by lenoel | 2012-12-28 02:08 | la vie en France
2012年 12月 17日

ルーヴル美術館

d0199677_6483864.jpg


ルーヴル美術館は
何十回訪れたのだろうか。
ルーヴルは広いし、疲れるからあまり好きではない、と
若い頃は偉そうに言っていたが
最近ようやくこの美術館の偉大さをしみじみと感じることが
できるようになってきました。


d0199677_6534994.jpg


Wikipediaによると・・・
ルーヴル美術館は、パリの中心部、セーヌ川の右岸に位置し
ルーヴル宮殿の大部分を占めている。
その起源は12世紀末に建造の始まったパリの街を守護するための要塞であり
時代の変遷とともにフランス王家の宮殿、そして美術館へと変貌を遂げてきた。
所蔵している美術品は2000年現在で三十数万点を超える。

↓ フィリップ2世時代に建造された要塞の一部。


d0199677_6494217.jpg


↓ シャルル5世時代のルーヴル。


d0199677_6502296.jpg


今までは作品を見る以外は余裕がありませんでしたが
天井画や彫刻の美しさを
じっくりと見て堪能しています。


d0199677_651613.jpg
d0199677_6512716.jpg

d0199677_6511858.jpg

d0199677_6513735.jpg


こちらの人だかりは、レオナルド・ダ・ビンチのモナリザ
私の記憶では大昔はガラスがなかったと思う・・・
モナリザの場所もあちらこちら移動します。


d0199677_6514758.jpg

d0199677_6515776.jpg



d0199677_6521957.jpg


ナポレオンの戴冠式で皇帝となったナポレオンから皇后冠を授けられるジョゼフィーヌ


d0199677_6523418.jpg


アイラウの戦場におけるナポレオン・ボナパルト


d0199677_6524490.jpg

d0199677_6525360.jpg


アルプス越えのナポレオン (手を懐に入れているのは剣を持つ手を保温するためである)

この「アルプス超えのナポレオン」と「戴冠式」は
ルーヴルのほか、ジョゼフィーヌの城とフォンテーヌブロー城でみた記憶があります。
(若しくは、ヴェルサイユ城か・・・)


d0199677_653316.jpg


可愛い天使の彫刻。


d0199677_6545998.jpg
d0199677_6551211.jpg
d0199677_6552690.jpg


そして、エジプトの展示物が多いのも有名。


d0199677_6554392.jpg
d0199677_6555331.jpg


イタリアの宗教に関するもの。


d0199677_6561258.jpg

d0199677_6562282.jpg


冬のパリはあっという間に日が暮れる。
寒い日は、ルーブルでゆっくりするのも
またパリの楽しみ方のひとつです。


d0199677_6563353.jpg
d0199677_6564645.jpg
d0199677_6565513.jpg



d0199677_6572574.jpg

[PR]

by lenoel | 2012-12-17 07:40 | patrimoine etc...
2012年 12月 17日

ギメ東洋美術館

d0199677_512131.jpg


ギメ東洋美術館に数年ぶりに訪れたのは
2ヶ月以上も前のこと。
早めにブログに書かないと殆ど忘れてしまう・・・。

☆ ギメ東洋美術館 ☆

d0199677_5132212.jpg


フランスのミュゼは、展示の仕方が面白い。
日本のようにただ並べてみせるのではなく
独創的な配置、館内の造りにも遊びの工夫があるため
見学する側はワクワクしてくる。


d0199677_5135924.jpg


ヴェトナム旅行をしたときに
寺院や歴史的建造物をあまり見ていないので
ヴェトナム戦争のせいで破壊されたと思っていましたが・・・

1度しか訪れておらず
しかも、10日程度なので
ヴェトナムのことは分からないままです。

↓ ヴェトナムの仏像

d0199677_5141430.jpg


タイの仏像関係が多い


d0199677_5211515.jpg
d0199677_5213796.jpg
d0199677_5214921.jpg
d0199677_522748.jpg


パキスタンだったか・・・
インド周辺国の仏像。


d0199677_5221975.jpg


あーここはどの国だったろう。
ブータン、ネパール辺りだろうか。


d0199677_5223071.jpg


最上階に日本のものが展示されてますが
別部屋では、浮世絵のエクスポジションもやってました。


d0199677_522402.jpg

d0199677_5225165.jpg


Wikipedia・・・
ギメ東洋美術館(フランス語:Musée Guimet、英語:Guimet Museum)
フランス共和国パリに位置する国立のアジア美術専門美術館である。


d0199677_523133.jpg
d0199677_5232215.jpg


実業家エミール・ギメによってリヨンに創設され
東洋学、特に宗教研究に関心を寄せたギメ自らが
アジア各地を訪れ収集した遺物や美術品などの名品を展示した。


d0199677_5234191.jpg


1945年には、ルーヴル美術館の東洋部のコレクション全体がギメ美術館に移された
以来、ルーヴル美術館の東洋部の役割を果たしており
アジア以外で最大の東洋美術コレクションを誇っている。

アンコール美術品の所蔵においては質と量ともに世界有数の美術館である。


d0199677_5235299.jpg


東南アジアが私を呼んでいる~。
タイ経由でミャンマー、ラオス方面へ行きたくなってきました♡


d0199677_547635.jpg

[PR]

by lenoel | 2012-12-17 05:48 | patrimoine etc...
2012年 12月 15日

ヴェトナムのクレープ パンセオ

d0199677_7234192.jpg


お気に入りだった Indochine のパンセオが
100点だとしたら
こちらは80点だけれど
脂っこくなくて美味しく食べれるからいい。

納得のいくパンセオはかれこれ1年ぶり。
食べたい!という執念から
やっとありつくことができました。


d0199677_7243494.jpg


ヴェトナムでよく食べられているらしい
バナナの花と鶏のサラダは初めてです。


d0199677_7244834.jpg


ビールが進む
カエルのフリはアツアツで美味しい。


d0199677_7245972.jpg


この店を教えてくれたヴェトナム人のおすすめの料理は
なんとこの店のスペシャルで
アフリカンなヴェトナム料理です。

前回、ギャルソンが間違えて持ってきて
大ちゃんのせいにしたものだけれど
コレは見た目とおりでイマイチ。
どうして人気があるのかわからない・・・@@


d0199677_725937.jpg


トロワクルール(三色)は、緑のジュレが太いのが好みだが
安いし、美味しいので文句を言ったらバチがあたる。


d0199677_7251974.jpg


当分は、こちらのパンセオを食べ続けます。
うれしいわ~♡


d0199677_7253986.jpg

[PR]

by lenoel | 2012-12-15 07:34 | restaurant asiatique
2012年 12月 15日

シネマへ行こう

d0199677_6214085.jpg


映画館へ行くのなら
DVDが出るまで少し待って
自宅で何度もみたいと思っていましたが
何年ぶりだろうか
久しぶりに大きな画面に感動しました。

パリの映画館は小さくて
イスの座り心地もイマイチで
すべてが庶民的だけれど
それもまた味があっていい。


d0199677_6231329.jpg


そして、子供のころと同じく
ポップコーンを食べながら。

食べすぎて口の中がしょっぱくなると
コカを飲むのが最高♡


d0199677_6235233.jpg


1ヶ月前に、フランスで人気の
アステリックスとオベリックスを観ました。
イギリス女王陛下役のカトリーヌ・ドヌーヴは
イギリス人独特のアクセントで演じます。
軽いノリでみるのにいい。


d0199677_624846.jpg


明日も、友人と会う約束があるが
寒い冬はどこへ移動するのもつらいので
シネマへ行くことにしました。

メトロの中の大きな美しい広告を見た瞬間から
キーラ・ナイトレイのAnna Karenineを観たくなったが
仏語字幕は疲れそう。

ソフィーマルソーのAnna KarenineのDVDを
何度も繰り返し観ているから内容は知っているけれど
字幕に気を取られて画面の美しさを楽しめないのは残念。
う~ん、どうしよう。


d0199677_627212.jpg

[PR]

by lenoel | 2012-12-15 06:52 | la vie en France
2012年 12月 15日

カフェバーでビールをグビグビ♡

d0199677_4222455.jpg


カフェバーは、テーブル席よりカウンターで
飲むほうが若干安い。

オヤジなジョゼフィーヌは
本物のオヤジたちと混ざってカウンターで飲んでます。


d0199677_424712.jpg


カウンターを選ぶのは
安いということもありますが
色々な物語をみるのが好きだから。


d0199677_4245483.jpg


例えば、こちらのバーはアメリーの世界で
皆からティティ、と呼ばれる常連の男性は
新聞を読んだりほかの客の観察をしたりする。

なぜティティって呼ばれているの?、と聞くと
名まえがティエリーだからだという。

常連客たちが帰るときは
またね、ティティ、と挨拶をしていくのだ。


d0199677_425793.jpg


だいたいどこのバーでも
私のナショナリテを聞きたがる人がいるので
逆に、質問すると
タイ人か中国人と言われることが多い。

中国人と言われてムッとするくらいなら
最初から聞かないほうがいい?


d0199677_4252985.jpg


私が日本人だと知ると
日本へ行ったことがある
日本人の友人がいる
日本語を少し知っている

と、話題が広がっていくのです。

↓ 飲みすぎると強いアルコールに進みたくなる・・・
(アイリッシュカフェ)


d0199677_4253990.jpg


ちょっぴりシックなバーは
チップスをサービスしてくれることもあります。

この後は、ワインの試飲と称して
数杯のワインをごちそうになりました。メルシー。


d0199677_4261029.jpg


パリの地ビール
もしかしたら初めてかもしれません。


d0199677_4262056.jpg


飲みやすかったな・・・
そういえば、こちらでも売れ残ったマドレーヌをご馳走になったぞ。
なんだ、けっこうイイ思いしているじゃない♡


d0199677_4263270.jpg


オヤジなジョゼフィーヌでも
たまにはテーブル席で飲むこともあります。


d0199677_4264694.jpg


本当はワインのほうが好きですが
カフェバーで美味しいワインを飲める保障がないので
ハズレがないビールを選ぶ。


d0199677_4265771.jpg


えっ?
ビールはお水?


d0199677_427723.jpg


その通りで、水のごとく飲んでおります。
飲みすぎに注意・・・@@


d0199677_4273494.jpg

[PR]

by lenoel | 2012-12-15 04:56 | patisserie, cafe bar
2012年 12月 14日

Salon Mer & Vigne et Gastronomie ガストロノミー見本市

d0199677_2561997.jpg


サロンのチケットがまた送られてきたが
特に買いたいものがないので
冷やかしで行ったはずなのに
いつものごとく、買いすぎてしまいました。


d0199677_2581485.jpg


何か買うとしたら
ジャンボン・クリュ(生ハム)の塊か
サラミが欲しい・・・


d0199677_2582523.jpg


眠そうなお兄さんから試食を勧められて
ジャンボン・クリュは脂身がある塊が美味しい
ムニャムニャ食べながら説明を聞く。


d0199677_2583835.jpg


人の言うことを滅多に聞かないジョゼフィーヌですが
今回は、ちゃんと脂身のある部分を選びました。

画像では小さく見えますが
2キロちかくあります。
いつの日か、骨付き1本購入したいわ~♡


d0199677_258509.jpg


ベートーベンみたいな頭のおじさんのところでは
ふだんはあまり好んで食べない
ブーダンノワールを食べましたが
やっぱりブーダンはブーダン。


d0199677_259114.jpg


テリーヌは私の好み。
高いものではないので
テリーヌ&ブーダンをひとつずつ購入しました。


d0199677_25922100.jpg


サヴォワ地方のフロマージュ屋さんで
Beaufort(ボーフォール)を300g頼んだら
500gも切るので予定外の高い買い物になってしまった。

ボーフォールは、36ヶ月もののコンテに似て
栗のような奥の深い味がします。
ボーフォールのなんとも言えない旨みが好き。


d0199677_2593834.jpg


とろ~り美味しいキャラメル。
もっと買っておけばよかったと
後からすごく後悔。。。


d0199677_2594861.jpg


アルザスのクレモンを1ケース。
グラーヴの白とヴィエイユ・ヴィンニュを1ケース。
そして、このラランドを2本。


d0199677_2595965.jpg


我が家の場合、
毎回冷やかしでは済みません。


d0199677_303743.jpg

[PR]

by lenoel | 2012-12-14 03:36 | la vie en France