☆~ 美味しいものめぐり Paris ~☆ 

lenoel.exblog.jp
ブログトップ

<   2013年 01月 ( 18 )   > この月の画像一覧


2013年 01月 30日

武士道なシェフ Le Clarisse (ル・クラリス)

d0199677_22281322.jpg


シェフ、梶原節記(カジワラ サダキ)氏と
知り合ったのは行きつけの寿司店。

知り合う前日に、お寿司が食べたくなり電話をしたら
その夜は満席でした。
翌晩、遠出した先から予約ができたのに
大渋滞にはまりキャンセルしたくなりましたが
なんとか辿り着くことができました。

シェフ梶原と色々と話をしていくうちに
驚くことにP親分と繋がっていったのです。

2007年に、一緒にTV出演をされていたり
まだ計画途中だった MIYABI の話が浮上したり
それなのに、連絡先を聞かなかいままだったので
後悔していたそうです。


d0199677_22263334.jpg


剣道を35年続けているシェフ。
直心影流剣術の免許皆伝を受けた祖父を持つ私は
育つ環境の中でその精神をも、受け継いでいます。

少しこじつけもありますが
色々なものが重なり
ご縁を感じない訳にはいきません。


d0199677_22203191.jpg


シャンパーニュや他いろいろ
ありがとうございます。


d0199677_22202012.jpg


サクサクした海老のフリと
チョリーゾと柚子のソース。


d0199677_22204137.jpg


ホタテ、プチプチ丸いものは牡蠣
バルサミコ酢とメープルシロップのソース。


d0199677_2221011.jpg


フォアグラと柚子ソース。


d0199677_2221118.jpg


牛肉と野菜たち。


d0199677_2223051.jpg


マンダリンと柚子のムース、生姜系のグラス。


d0199677_22212247.jpg


武士道らしい気合の入った料理。
でも、もう少し力を抜いた
繊細でフェミナンな部分も必要だと思いました。

そして、星を狙っているのならば
パティシエを入れるほうが賢明かもしれませんが
ミシュランの評価より
大切なものがあると信じています。

異国の地、パリで
たったひとりで戦っている日本人シェフ。

シックなカルティエにある、シックなレストランで
サービスもよい。
もっともっと多くの方々から愛される
お店になっていきますように・・・。

P親分と来週お邪魔いたします。


Le Clarisse (ル・クラリス)
29 rue surcouf 75007 Paris
Tel: 01 45 50 11 10


d0199677_22215334.jpg

[PR]

by lenoel | 2013-01-30 23:37 | restaurant francais
2013年 01月 30日

弁護士 Joel WERBA

d0199677_203002.jpg


友人、ジョエルの事務所へ
1ヶ月ぶりに遊びに行きました。

d0199677_2053768.jpg


むかし一緒に来たカフェテリア。
ジョエルはいつもカフェで
私は紅茶だった。

お互いが忙しくても
今回みたいに期間を空けずに
定期的に連絡を取り合い
いつまでも、よい友達でいようね
、と約束。


d0199677_20303342.jpg


弁護士 Joel WERBA は、親切&セクシー
と書いてくれ。


d0199677_20305632.jpg


セクシーかどうかは分からないけど
あなたが言うように
同じもの同士のニオイがする
変な意味ではない
私たちはフーとフォル(クレイジー)。


d0199677_20304589.jpg


私のレストラン関係の記事をフォローしてくれる
という頼もしい友人。
メルシー♡

Joel WERBA 弁護士事務所
91 Rue Université 75007 Paris
Tel: 01 45 51 80 16


d0199677_20313539.jpg

[PR]

by lenoel | 2013-01-30 21:02 | la vie en France
2013年 01月 30日

天使のささやき

甘く・・・

切なく・・・


d0199677_17192398.jpg


ためらい・・・

迷い・・・


d0199677_723068.jpg


惑わし・・・

惑わされ・・・


d0199677_17181513.jpg


シャンパーニュの泡のごとく
弾けて消えるのもいい。


d0199677_1719439.jpg



d0199677_17235099.jpg

[PR]

by lenoel | 2013-01-30 07:14 | la vie en France
2013年 01月 24日

日本人料理人の愛情を感じる料理 abri (アブリ)

d0199677_21101971.jpg


ル・シェフ・エグゼクティブの友達と
日本人の友達が頑張っているお店で食事をしました。

その彼が喜んだ理由は
とても美味しい、しかも安い。
そして、もうひとつは同じメゾン出身だから。

利益を優先して、客や従業員に悪影響を及ぼす店など
いろいろ見てきていますが
謙虚な姿勢でこれほどの素晴らしい料理を出す店は少ない。
ワインもほとんど仕入値。

作ってくれた人の愛情が
食べる側にもきちんと伝わってきます。

さりげなく、でも丁寧なサービス。
小さな店は嬉しいことがたくさん詰まっている。


野菜も魚も素材の味が生かされてるなか
舌に微かに香辛料が感じる
魅力ある白身魚のカルパチョ。


d0199677_20453613.jpg


二品目のアントレはイカときのこ。
新鮮なイカ、その上は大根だろうか
全体的にバランスがとれていて美味しい。


d0199677_20454688.jpg


好みのキュイソンでソースもすごくいい。
肉が少々筋っぽかったが
22ユーロのムニュでここまでやるのは大変なこと。
ふつうはできないと思う。


d0199677_20462833.jpg


デセールまで力を抜いていません。
ほうじ茶が香るグラスと濃厚タルト・オーショコラ。


d0199677_20463879.jpg


カフェ、ご馳走さまでした♡


abri
92 rue du Faubourg Poissonnière  75010 Paris
Tel: 01 83 97 00 00


d0199677_2047487.jpg

[PR]

by lenoel | 2013-01-24 21:09 | restaurant francais
2013年 01月 22日

冬のソルド 2013

d0199677_2333237.jpg


ソルドが始まってから2週間が経ちますが
珍しく2日しか買い物に行っていません。
どういう訳か物欲がない。

特に欲しいものがないときに出かけると
どうでもよいものを買ってしまいます。
それなのに予算オーバー。

太り気味だった頃は
スカートが無くて困っていましたが・・・
当分スカートを買う必要がなさそう。

ウエスト部分にリボンが付いています。
上着もありましたが
好みではないのでスカートのみ。


d0199677_23332650.jpg


ふつうのスカート。
このタイプは数枚持っており
微妙に形や丈が違う。


d0199677_0374063.jpg


巻きスカート風で
画像ではみえにくいですが
フサフサがアクセントになってます。


d0199677_038667.jpg


軽くてゆったり着やすい
セーターを1枚。


d0199677_23335711.jpg


どうしても欲しいワケではないのに
ふたつも買ってしまいました。


d0199677_2334661.jpg


モンスター白雪のお洋服は
赤のギンガムチェックのブラウス。
ヒラヒラが可愛い♡

ヒラヒラ好きな私も
似たような服を持っております。


d0199677_0383166.jpg


こちらもヒラヒラ~。


d0199677_0385250.jpg


ジャンパースカートの後ろも
金のボタンがついています。
私が選ぶとどうしてもトラッドになるわ。
あ~でも可愛い♡


d0199677_23343461.jpg


ダウンジャケットもギンガムチェック。
今回はモンスター白雪の好みと違うから
気に入ってもらえるか心配。

送料が高いから
パリまで取りにきてもらおうっと。
ヨ・ロ・シ・ク!!


d0199677_23344476.jpg


d0199677_2335831.jpg

[PR]

by lenoel | 2013-01-22 23:51 | la vie en France
2013年 01月 22日

パリ7区散策 カナダ文化会館

d0199677_1831466.jpg


カナダ国旗が気になっていました。


d0199677_18339100.jpg


一度通り過ぎたけれど
まだ時間が少しだけあったので
戻って中に入ってみることにしました。


d0199677_1835268.jpg


写真のエクスポジション開催中。


d0199677_184694.jpg


作品数はごく僅か、訪問客は私だけ。
ある意味、贅沢だ。


d0199677_1841869.jpg


現代アートもポツンと置かれていました。


d0199677_1843925.jpg


カナダの雄大な景色を思い出します。


d0199677_1845287.jpg


素敵なサロンで
コンサートをやってもらいたい。


d0199677_185325.jpg


こちらも7区で気になっていた
外観がお洒落なイタリア料理店。

働いている人間は男性のみ。
レバノン人っぽいがレバノン人ではないというので
マグレブだろうか。
アラブ諸国は男性社会だから
男性ばかりの従業員の店が多い。


d0199677_1852040.jpg


アルデンテでお願いしたら
ふつうの乾麺を茹でたアルデンテ。


d0199677_185319.jpg


d0199677_1855633.jpg

[PR]

by lenoel | 2013-01-22 18:22 | patrimoine etc...
2013年 01月 20日

雪のパリ

d0199677_1235287.jpg


やはり突然寒くなってきた。


d0199677_1241388.jpg


おととい、マイナス11度とすごく冷え込み
昨日はマイナス3度まで気温が上昇したため
雪がパラパラ降ってきました。


d0199677_1242465.jpg


今日は朝から雪遊びをしている
子供たちの声が聞こえてきました。

外にでるのが億くうになりますが
お散歩にでてみたら思ったほど寒くない。


d0199677_1243949.jpg


夏の間、ピクニックをしたセーヌの畔も
すっかり冬の景色になっている。


d0199677_1245437.jpg


楽しくなってきたので
ずっと遠くまで歩いていきました。
このまま山の中まで入っていきたい気分♡


d0199677_125469.jpg


地面は真っ白だけれど
空は灰色がかった暗い白。
また雪が降ってきそうだ・・・


d0199677_1252428.jpg

d0199677_1254883.jpg

[PR]

by lenoel | 2013-01-20 01:56 | la vie en France
2013年 01月 19日

手袋専門店 JB GUANTI

d0199677_2183063.jpg


お買い物が大好きな母は
パリでお洒落なジャケットと
カシュミアのセーターを探しましたが
どれも腕が長すぎたので断念。

フランス人はどちらかというと小柄なので
それほど大きくないはず。

母は身長が158センチありましたが
腰を大怪我したり
年齢的なこともあるので
背が縮んでしまったのかもしれません。

結局、帽子4つと手袋ひとつ。
あとバッグが欲しかったそうですが
好みのものが見つかりませんでした。


d0199677_2185569.jpg


手袋専門店の日本人男性の店員さんが
母のバッグを見て似たデザインのものを
サッと出してくださいました。

とても素敵。
しかも、サイズもぴったり。


d0199677_219516.jpg


すぐ気に入ったけれど
ほかのデザインも見てから選ぶことにしましたが
やはり一番最初に気に入ったものがいい。


d0199677_2191590.jpg


この日本人の店員さんのセンスは素晴らしい。
私が気に入りそうなモノまで
出してくださいましたから。

このような方を洞察力がある
販売のプロというのだろうな。

店内の撮影はOKだけれどご本人の写真は
ロトが当たって仕事を辞めるかもしれないから勘弁して
とのことでした。


d0199677_2192519.jpg


母が買った手袋の画像を見ると
切なくなってくる・・・


d0199677_2193522.jpg


d0199677_220453.jpg

[PR]

by lenoel | 2013-01-19 02:35 | la vie en France
2013年 01月 18日

美食と芸術の調和 Le Cinq (ル・サンク)

d0199677_21432396.jpg


年末はルドワイヤン
年始は由緒あるパラス、ジョルジュ・サンクにある
ル・サンクでお食事なんて夢のよう♡

実は、エリック・ブリファー氏の料理が食べたくて
Les Elysees du Bernet を予約してもらったことがあります。
タイミングが悪くル・サンクへ移られた後だったので
縁がないとル・サンクへ行く気がしませんでしたが
P親分の幼馴染ということで少しずつ気持ちが変わっていき
今回もお願いして特別に予約をとっていただきました。


d0199677_21435188.jpg


シェフ、エリック・ブリファー氏から
シャンパーニュをいただきました。
ご馳走さまです♡


d0199677_2144291.jpg


刺身、フロマージュ、串ごと食べれるオリーヴ。


d0199677_21441597.jpg


日本の高級料亭並の海老の天ぷら。


d0199677_2145175.jpg


食欲が増進するビタミン色が美しい根野菜にトリュフなど
芸術的なひと皿です。


d0199677_21453064.jpg
d0199677_21454548.jpg


軽く火を通した新鮮なマテ貝と海老、海苔も乗っており
磯の香りと香ばしさに包まれています。
日本人なら間違いなく感動するでしょう。


d0199677_21455526.jpg


ホタテも軽く火を入れたミ・キュイを
口のなかに入れると香ばしさが感じられます。
上品なパッションフルーツのソースとよく合う。


d0199677_2146132.jpg


そして、エリック・ブリファー氏からのサービスの
トリュフのラビオリです。
口のなかに広がっていくトリュフと
決して主張していないスープとの
マリアージュが素晴らしい。
豪華なひと皿をありがとうございました♡


d0199677_21462796.jpg


私のうなぎ料理は
うなぎ独特の臭さがきちんと残されていましたが
とても食べやすい。
ごぼうの豆腐仕立てにも驚きです。


d0199677_21464281.jpg


そして、タイのグリーンカレー風味に味付けされた
フランス料理で美味しかったものは初めてです。
ほんのり香る程度がちょうどいい。


d0199677_21471290.jpg


母は、小鳩のフォアグラ包みは
今でも夢に出てくるくらい贅沢なお味だったそうです。
いつか食べてみたい!!

あの年齢でデセールまで完食は凄い。
出された料理を残さず食べることを
しっかり躾けてくれた母に感謝です。


d0199677_21465561.jpg


パイナップルのソルベ。
パイナップルのアレルギーがありますが
あまりにも美味しそうなので食べてしまいました~。
さっぱりしてよかった。


d0199677_21483843.jpg


パッションフルーツのグラス&シソ。


d0199677_21485179.jpg


この後、マロングラッセやショコラやキャラメルなどが
まだまだ出てきます。


d0199677_21494314.jpg


極上の料理、心地よいサービス、優雅なパラス・・・


d0199677_21495632.jpg


今度はいつ食事にくることができるでしょうか。


d0199677_2150965.jpg
d0199677_21503454.jpg

[PR]

by lenoel | 2013-01-18 23:13 | restaurant ☆etoile
2013年 01月 18日

ノエルはマドレーヌ寺院でコンサート、ノートルダム寺院でミサ

d0199677_2393385.jpg


パリでは毎日のように
どこかの教会かサロンでコンサートが行われています。

むかし、母とウィーンに1ヶ月滞在したときに
あちらこちらの教会のコンサートへ出かけて
感動したことを思い出しました。

日本ではなかなか聴くことができない
歴史あるパイプオルガンの演奏を聴きたいというので
マドレーヌ寺院へ年末と元旦のコンサートへ行きました。


d0199677_2395792.jpg


以前はよくコンサートへ出かけていきましたが
最近は何かの機会がない限り
行かなくなってしまいました。


d0199677_240131.jpg

d0199677_2404654.jpg

d0199677_2402839.jpg


厳粛な雰囲気のなかでのパイプオルガンの演奏は
繊細さと迫力を合わせ持っている。

いい曲を聴くと涙を流す母は
年をとったな・・・


d0199677_2405782.jpg

d0199677_244867.jpg


さて、ノートルダム寺院へは
ノエルのグラン・ミサへ行きました。
今年で着工から850周年。


d0199677_315429.jpg


ミサでは、コーラスもあります。


d0199677_315232.jpg


神父さまからは・・・
愛は無償。
でも結婚は子孫繁栄のため。
同性結婚の合法化は自然の摂理に反している
というようなお話でした。


d0199677_3153965.jpg


プロテスタントの主の祈りは言える。

天にまします我らの父よ
願わくは
み名をあがめさせたまえ
み国を来たらせたまえ
み心の天に成る如く地にもなさせたまえ
我らの日用の糧を今日も与えたまえ
我らに罪を犯す者を我らが赦す如く我らの罪をも赦したまえ
我らを試みに遭わせず悪より救い出したまえ
国と力と栄えとは限りなく汝のものなればなり
アーメン


d0199677_3155036.jpg


フランスはカトリックの国。
宗教を含めて、もっともっと勉強したくなりました。


d0199677_3144781.jpg

d0199677_2431086.jpg

[PR]

by lenoel | 2013-01-18 03:20 | patrimoine etc...