☆~ 美味しいものめぐり Paris ~☆ 

lenoel.exblog.jp
ブログトップ

<   2013年 06月 ( 27 )   > この月の画像一覧


2013年 06月 29日

期待していただけに・・・ 新しい日本人シェフの店 ES

d0199677_16204669.jpg


まだペンキのにおいが抜けない
オープン前に訪れて
アストランスやムガリツ、ノマなど
有名星つきレストランで修行されたシェフと
お話をさせていただきました。

ランジス市場で3星レストランと同じ食材を
使うというのは客にとって嬉しい知らせ。
のんびり屋の私が食事できたのは
3ヶ月以上も経ってからのことでした。

予約の電話をしたときにイタリア女性から
こちらの店にきたことがありますか?
の問いに対して曖昧な返事をしておいた。
それから、アレルギーを聞かれました。

その数時間後に同じ女性から
以前こちらで食事をされたことがありますか?
と、わざわざ電話がかかってきたのです。
多くのレストランで食事をしてきましたが
このようなことは、はじめてなので少々驚きました。
そのあと、とってつけたように
またアレルギーを聞くのです。

来店してからもアレルギーを聞くので
電話での会話はまったく意味がない。


d0199677_1621589.jpg


2007年白のボーヌを頼んだのに
2ユーロ安い2010年白のアリゴテをすすめるので
アリゴテはよいイメージがない
と伝えると試飲をさせてくれましたが
いまひとつなのでお断りしました。

奥から持ってきたボーヌを開詮をするので
やはり・・・と心のなかでつぶやく。


ハーブ入りサブレ&シトロネのコンフィチュールが
さっぱりしていて白とよく合う。


d0199677_16432641.jpg


白アスパラガスとプチポワのソース
ハーブいろいろ。


d0199677_16211629.jpg


下の厨房から魚料理が運ばれてきましたが
日本人女性がにっこり微笑んで
その皿を持ったまま
イタリア女性を待っているのです。

前菜の時点で気がつきましたが
イタリア女性がホールを仕切っているため
運ばれてきた料理のすべてを
彼女が客の前に持って行き説明する。

料理が冷めてしまうではないですか。
私の席に早く置いてください
と日本人女性に言いましたが
聞こえていないのか・・・。

真ダラのキャラメリゼ、海老のソース。
残念だったのは、水がでてきたことと
添えられた香草の香りと味が強すぎて
魚とソースの味がわからない。


d0199677_16212689.jpg


そして、モチベーションが下がった肉料理。
2度目の訪問らしい隣の方たちは
牛肉のほとんど生にちかい塊。

子連れのムッシューには鳩を。
前回と同じ名前で予約しているか
と、そのムッシューが来店したときに
イタリア女性が質問したのは
見覚えのある顔だからだとか。

そして、日仏カップルにも鳩。
私とほかの一見客には鶏肉が運ばれてきました。

オープンして3ヶ月の店
お昼はひとつのムニュのみなのに
あからさまな差別化とは。
再訪した方々のために
同じ料金で鶏肉は食べたくない。

魚料理もかなり待たされましたが
肉料理は実に長い時間待たされて
また目の前でお預けをくらう。

誤解のないように書き加えるなら
作る時間が長いのは
ある意味仕方がないことですが
出来上がった料理が
目の前で放っぽらかしにされていることに
我慢できません。

私は鶏肉ですか? の質問に
イタリア女性はわざとらしい笑顔で
はいそうです と答える。
とても不愉快だ。
焼いた鶏に、こちらのカカオとノワゼットの
ソースはいまひとつでした。


d0199677_16214758.jpg


デセールでさえ
下の厨房から運ばれてから
一旦棚の中に置かれてお預けでした。
日本人女性にまたお願いしても
なぜか聞こえていないのです。

飴細工で囲まれたフレーズ・デ・ボワは
夏にふさわしく繊細で美味しいのに
このときは味わっていただく気分ではなかった。


d0199677_16215795.jpg


お会計を済ませて席を立とうとしたときに
どのレストランでも言われる台詞が
イタリア女性からでたので
ウイではなく、非常にそっけなくメルシーと。

もう一度聞くので
不愉快に感じたことを伝えました。


d0199677_1622699.jpg


シェフが出てきて
お客さんと話しをしていらっしゃる後ろを
ササッと素早く通って外に出たところ
呼び止められてしまいました。

ひとりの客の意見として
ご理解ください。
私には残念で仕方がありませんでした・・・。


ES
91 rue de grenelle 75007 Paris
Tel: 01 45 51 25 74

d0199677_16222817.jpg

[PR]

by lenoel | 2013-06-29 18:08 | restaurant français | Trackback | Comments(7)
2013年 06月 27日

フランスの歯医者さん

d0199677_196283.jpg


信頼できる歯医者さんが
突然死で亡くなってから
6年以上も歯医者さんへ行かないままなので
きっと虫歯だらけになっているだろう
と、考えると余計行きたくなくなります。

フランスでは医者だけは
信用できる人間から紹介してもらいたい。

むかし、シャンゼリゼにキャビネを構える
レバノン系歯科医でひどい目に遭ったことがあります。
治療してもらった奥歯を鏡でよく見ると
隣の歯との境目がなくつなげられていた。
すなわち2本の歯が
1本の大きな歯になっていたのです。

その3週間後に突然ポロリと取れたので
また行ったら
自分が治療したのではない、と言いやがったのだ。
しかも、奥歯の痛みも治まらないままなので
そのときは、仕方がなく日本にいる
歯科医の友だちのところまで行きました。
保険がなくても心配なく
今までのように友だち料金(たまに無料)で
数日間の集中治療をしてもらいました。

フランスのパパ&ママンに出会ってからは
お医者さん選びに不自由しないのは
パパの弟が医者だからです。


d0199677_1962365.jpg



さて、6年ぶりの歯医者さんでしたが
ほとんど虫歯がありませんでした。

食後は歯と歯の間を水圧で掃除していますが
糸のほうがよいと言われ
掃除のテクニックも指導してくれました。

画像の左は日本の両親が使っていたものですが
自分の手で感触がわかる
右の専用糸のほうをすすめたいとのこと。

親切で丁寧な治療をする歯科医は
1時間かけて歯石を落としたり
古くなった詰め物を交換しますが
私の胸の上にいくつも器具をポンポンと置き
顔を水でビショビショにされながらの治療。
次回で3回目、治療もそろそろ終わりそうです。


d0199677_1964973.jpg

[PR]

by lenoel | 2013-06-27 19:42 | la vie en France | Trackback | Comments(4)
2013年 06月 27日

日本人社会は狭い? それとも何かのご縁?

d0199677_18284222.jpg


弁護士友人のジョエルから
聞いていたような・・・
でもすっかり忘れていた
日本人ミュージシャンのお友だち。

2週間くらい前に
オデオンのAvant comptoir にいた
とても印象的だったレゲエ風髪型の日本人男性から
結局、行くことができませんでしたが
彼の音楽祭のコンサート案内状をもらっていました。

ジョエルに連れていかれたお店で
その方にお会いするのなら
何の不思議もありませんが
その前に閉店間際のバーでお会いしていたのは
やはり、これもご縁なのかしら、と
何でも結びつけたくなります。
相手はイヤかもしれませんが・・・@@


d0199677_1829657.jpg


この日は、おつかいものを頼まれて
もうひとつのお店でお駄賃として
モヒートを2杯いただきました。

いい気分で戻ると
レゲエ頭の彼がビエールを飲んでいたのです。
あれ~!とお互い驚きました。

その後は、お隣のカフェへ
サッカー観戦するために移動です。

飲み仲間ができたぞ。
メルシー、ジョエル♡


d0199677_182917100.jpg


d0199677_18294149.jpg

[PR]

by lenoel | 2013-06-27 18:59 | la vie en France | Trackback | Comments(2)
2013年 06月 25日

えびすの坦々麺、最高~!!

d0199677_6563699.jpg



先日、メトロの中で
反対方面に乗っていらっしゃった
えびすの明さんと奥さんのなるみさんと
同じ位置に停車したので
驚きながら挨拶を交わしました。

その時から、えびすの坦々麺が
食べたくて仕方がなかったのです。

ビールとよく合う
黒胡椒たっぷりの餃子、お昼のムニュ。

d0199677_6565414.jpg


そういえば、1ヶ月前にディネで来たとき
攻撃的で意地悪な発言をたくさんしましたね。
私が苦手なタイプのフランス人でしたよ。

たまに悔しくなり
そのときのセリフを言ってやります。

優しくないね、と言い返されますが
ひと言、ひと言に気をつけてください。
取り返しのつかないことに
なり兼ねませんので・・・

その日は食欲がなくなってしまったけれど
今日はスープも残さずぜんぶ食べました。
大好きな、えびすの坦々麺を♡


d0199677_6571034.jpg


d0199677_6573342.jpg

[PR]

by lenoel | 2013-06-25 07:20 | restaurant asiatique | Trackback | Comments(4)
2013年 06月 25日

どうしようもないクレープリー

d0199677_69214.jpg


最近気になっているのは
15区モンパルナス界隈やほかの街のクレープリーでも
インド人がクレープを焼いていること。
人件費が安いのはわかるが
どうしてどこでもインド人なのだろうか。


d0199677_69438.jpg


そば粉で作るガレットと一緒に
りんご酒のシードルを飲みます。


d0199677_695339.jpg


トマト、フロマージュ、玉ねぎ、卵、サラダ入りを頼んだら
トマトではなく、トマト・ソースでした。

経営者のムッシューを呼ぶと
トマト・ソースが嫌いなら別なものを作り直す
と、誠実さに欠けたモノの言い方をして料理を下げる。

缶詰のシャンピニオンでなかったら
シャンピニオン、フロマージュ、ジャンボン(ハム)と言うと
生のシャンピニオンを使うとのこと。


d0199677_610429.jpg


サラダも見ての通り傷んでいる。
シェフと呼ばれているインド人に言うと
何の問題もない
と、平然と答えるのです。

残念ながら、どちらも不味い。
なぜ、ガレットひとつ満足に作ることができない
クレープリーが多いのだろう・・・

d0199677_6365691.jpg


d0199677_6104111.jpg

[PR]

by lenoel | 2013-06-25 06:25 | restaurant français | Trackback | Comments(6)
2013年 06月 25日

バラの花が咲いていたサンクルー公園

d0199677_5103152.jpg


何も予定のない午後は
サンクルー公園をのんびり散歩をしたい。

いつもは、ヴェルサイユへ通じる道の
裏門から入りますが
久しぶりにパリ側から入ってみたら
バラの花がきれいに植わっていました。
バラ好きに嬉しい
優雅な散歩道が広がります。


d0199677_5185328.jpg


品種ごとに色と形を目で楽しみ
香りを嗅いで癒される。


d0199677_5201475.jpg

d0199677_5195778.jpg


この水路と像は
最近できたものだろうか・・・


d0199677_5213896.jpg

d0199677_521452.jpg


人工的に整えられた部分と
森だった部分が残された公園。


d0199677_5212175.jpg


突然、強い風が吹き大雨となり
そして、また木々の間から
太陽が差し込んできました。


d0199677_5215444.jpg


d0199677_5221922.jpg

[PR]

by lenoel | 2013-06-25 05:53 | patrimoine etc... | Trackback | Comments(2)
2013年 06月 25日

飽きてきたヴェトナム料理店 Bida

d0199677_414536.jpg


ヴェトナム人知人に教えてもらったお店に
1年ほど通っていますが
田舎っぽい甘い味付けに飽きてきました。


d0199677_4145028.jpg


ヴェトナム風カルパチョも、パパイヤサラダも
どちらも甘すぎる同じソース。
パパイヤのサラダは
ピリリと辛いタイのほうが好みです。


d0199677_4152012.jpg


そして、カルパチョなら
肉をもっと薄く切ってほしい。


d0199677_4153069.jpg


ボブン類はふつう。


d0199677_417266.jpg

d0199677_4171558.jpg

d0199677_4172768.jpg


CHAO の意味が今ひとつ理解できず
東南アジアの朝食でよく食べられている
お粥を頼んでしまいました。

現地の朝ごはんで食べるのは好きですが
残ったご飯で簡単に作れるので
パリで8ユーロを出してまでは食べたくない。

また美味しいヴェトナム料理店を
探すことになりそう・・・


d0199677_4173769.jpg


Bida
38 Rue Nationale 75013 Paris
Tel: 01 53 79 01 61


d0199677_4185024.jpg

[PR]

by lenoel | 2013-06-25 04:49 | restaurant asiatique | Trackback | Comments(0)
2013年 06月 25日

竹島領土問題から久しぶりの韓国料理、NOL BOU

d0199677_2132474.jpg


竹島、尖閣問題後から
韓国料理店と中国本土料理店には
(香港、台湾料理は別)行きませんでした。
特に、領土問題後
日本人に生まれたことに誇りを感じると同時に
愛国心も強くなってきております。

この問題が勃発する前に美味しいと思った
韓国料理店 NOL BOU へ再訪しました。


d0199677_2241084.jpg


こちらは手作り揚げ餃子は
12ユーロ(1500円)。
どの店でも同じくらい高い。


d0199677_2242953.jpg


以前は特別に美味しかったチャプチェですが
あれから料理人が変わったのだろうか・・・。

d0199677_2244071.jpg


サムギョップサルには合わない
キャベツの千切り入り間抜けな味のタレ。
サラダ(レタス)が少しだったので
お代わりしたら3ユーロの追加料金です。


d0199677_2245491.jpg


付け合せの種類が少ないは前回も同じ。
緑茶を頼んだら
ごく少量の茶葉しか入っておらず
色も味も出ないので足してもらいました。


d0199677_225841.jpg

d0199677_2251843.jpg


サービスの女性は
相変わらずとても感じがいいが
それだけでは満足できません。

NOL BOU
22 rue fremicourt 75015 Paris
Tel: 01 40 59 82 28


d0199677_2253185.jpg


d0199677_2255771.jpg

[PR]

by lenoel | 2013-06-25 02:50 | restaurant asiatique | Trackback | Comments(4)
2013年 06月 24日

Auge(カーヴ・オージェ)の試飲会で見かけた日本人の巻

d0199677_5155580.jpg


オスマン通りにある1850年から営業の
カーヴ・オージュで定期的にやる
生産者の試飲会の案内状が送られてきます。

フランス人の友人と会うのは構わないが
日本人も多く来るため
会いたくない人を見かけたことが何度かあるので
滅多に行くことはありません。

この日は、近くで用事を足した帰りに
試飲会を見かけて思い出しました。
いつもより人がずっと少なかったのは
ヴァン(ワイン)ではなく
アブサン、アルマニャック、カルバドス、ラムなど
リキュールだからだろうか。


d0199677_516213.jpg


アルマニャックを試飲しているときに
日本人男性と女性を見かけたので
話かけてみたら・・・
男性はシャブリの生産者のフランソワ・セルヴァンと
交流があるという。

もともとイタズラ好きなので
リキュールで酔っぱらい
早速、フランソワにイタズラ電話・・・@@


デゾレ~、フランソワ・セルヴァン↓
d0199677_5353660.jpg


それから、店内で日本人店員さんとお話をしていたら
二人組のジャポネーズが
その日のソワレ用ヴァン(ワイン)を
探していたので調子に乗ってまた話かける。

ギザギザ頭の女性は感じがよかったが
帽子の女性はすごーく感じ悪い。
見知らぬ酔っ払いオヤジのような
オンナにからまれたくないのはわかるが
パリによくいるイヤなタイプの日本人だ。


d0199677_5163769.jpg


マルティニック出身の男性のところで
試飲したほろ苦いオレンジと
カネル(シナモン)が香るリキュールが
気に入りました。


d0199677_5164951.jpg


そして、サトウキビが原料のラム。

今、オレンジ&カネルのリキュールを
ひっかけながら書いております。


d0199677_517180.jpg


Auge
116 Boulevard Haussmann 75008 Paris
Tel: 01 45 22 16 97


d0199677_517283.jpg

[PR]

by lenoel | 2013-06-24 06:03 | patisserie, café bar | Trackback | Comments(4)
2013年 06月 24日

美味しいモノはすぐ近くにあったの巻

d0199677_73991.jpg


わが街の小さな教会広場に
4つのブーランジュリーがありますが
どこでもバゲットを買うくらいで
パティスリーには興味がありませんでした。

最近よく買うお店では
きちんとパンつかみを使い
どこかあか抜けないマドモアゼル
ふたりとも親切です。


d0199677_7340100.jpg


夏の間はグラス(アイス)が
このように売られているのも田舎っぽい。


d0199677_74298.jpg


デセールを作るのが面倒だったときに
急きょ買ったものが美味しかった。

きっと期待していなかったから
美味しく感じたのだ、と思い
また買って食べてみたら
やはり美味しかったのです。

リキュールが香るタルトタタンの上に
ふわふわなメレンゲが乗ったものは最高。
甘さ控えめのショコラも気に入った。

何よりも嬉しいのは安いこと。
いろいろな種類を
試したくなりました。
(追記:残念ながら数ヵ月後に味が落ちました・・・)


d0199677_741563.jpg
d0199677_742649.jpg

d0199677_743823.jpg


d0199677_75364.jpg

[PR]

by lenoel | 2013-06-24 04:54 | patisserie, café bar | Trackback | Comments(4)