☆~ 美味しいものめぐり Paris ~☆ 

lenoel.exblog.jp
ブログトップ

<   2013年 08月 ( 20 )   > この月の画像一覧


2013年 08月 31日

一時帰国のお知らせ

d0199677_5462936.jpg


父の3回忌で一時帰国します。


d0199677_531415.jpg


なんとか夏のような陽気のパリですが
流れる空気や空はすっかり秋。


d0199677_5322372.jpg


たった今、悪い知らせを受けた為
ショックで気が動転しています。

お会いする予定の方々とは
もしかしましたら、予定がくるうかもしれません。
皆様には、こちらからご連絡いたします。


d0199677_5315381.jpg

d0199677_53269.jpg


d0199677_533128.jpg

[PR]

by lenoel | 2013-08-31 06:41 | ご挨拶&お知らせ
2013年 08月 30日

Le Clarisse(ル・クラリス)でお誕生日会

d0199677_18212065.jpg


お誕生日のムニュです。
食べられないものなど
難しい注文を全て快く受けてくださいました。

イチジクとフォアグラの上に沖縄の砂糖きびは
本当に美味しかった。


d0199677_18214556.jpg


前から頼んでおいた私の好物の海老のカルパチョ。
ねっとりと甘みを感じる新鮮な海老と
野菜が嬉しいです。


d0199677_18224440.jpg


こちらの料理を運んでくたギャルソンを
この人ハンサムだよね
と、私が言うと
この前、ハンサムって言いながら
僕の写真を撮っていましたよ

と、暴露されてしまいました。


d0199677_18225516.jpg


冷や汗だったわ。。。


d0199677_18453654.jpg


意外な組み合わせのフォアグラと上品な出汁に
海苔の風味を感じながら頂きました。
日本人でなくても感激します。


d0199677_1823518.jpg


お願いしたとおりの
皮はカリカリで身がミキュイ♡
ありがとうございました。


d0199677_18231655.jpg


グランシェフのティエリー・マルクスも常連という
山中で過ごすデトックスを終えたばかりなので
体に優しい料理をシェフが考えて作ってくれたのです。


d0199677_1938849.jpg


私の肉料理ですが
好物の羊なので取られてしまいました。


d0199677_18233284.jpg


無理を言ってもう一皿作ってもらいました。
量が少なかったのではなくて
美味しいとたくさん食べたくなってしまうからです。

突然なので、食材などにも限りがあるなか
海老とイチゴの斬新な料理。
こちらもよかったです。


d0199677_18235669.jpg


Bon Anniversaire・・・☆


d0199677_1824854.jpg


シェフはよい具合に力が抜けたからなのか
繊細で優しい味の料理なので
このレストランは星つきだろう?
と、聞かれたくらい全部美味しかったです。

心のこもった素晴らしい料理を頂きながら
貴重な時間を過ごすことができたことが嬉しくて
涙がでそうになってしまいました。
その上、シャンパーニュ&極上のロワール2本を
ご馳走になってしまい申し訳ない。。。

梶原節記(かじわら さだき)シェフを
これからも応援していきたいです。
本当にありがとうございました!!


Le Clarisse
29 rue Surcouf 75007 Paris
Tel: 01 45 50 11 10

d0199677_18422141.jpg

[PR]

by lenoel | 2013-08-30 19:26 | restaurant français | Trackback | Comments(0)
2013年 08月 27日

「Aux trois mailletz でタコの講座」の巻

d0199677_5443713.jpg


ここ数日少し落ち込んでいました。
こういう時は、静かに聴くコンサートより
Aux trois mailletz に行くほうがいい。


d0199677_54522.jpg


この日は、常連客の精神科医の女性は
美恵子さんのアヴェ・マリアの美しい歌声に
涙を浮かべて感動していました。
私もポロリとなりそうでした。


d0199677_5451343.jpg


クラシックは19時ころから23時。
その後は、別のミュージシャンと交代して
フランスのシャンソンやジャズなど
朝の5時まで続きます。


d0199677_5452440.jpg


ふたりは23時からお夕飯を食べます。
私はワイン1杯ご馳走になり
夜中の1時半までお喋りをしていました。
食べ物の話は楽しい♡

スペイン人の常連客のオジサンは
隣でタコの話を延々にしていましたっけ。
生きているタコを
まず足の部分をつかみ頭をバシバシ叩きつけて
気絶させるのか、はたまた殺してしまうのか。
塩も何も入れないお湯に
タコを入れてはすぐ出す作業を
3回続けてから35分間茹でる。
塩と胡椒とオリーブオイルをかけて
食べるのが美味しいのだそうです。
シトロンが欲しいところだが不要だと言う。

この話を何度も繰り返すのだけど
スペイン訛りが強いから分かりにくい。
そういえば、フランス人は何でも食べるのに
タコは滅多に食べません。

美恵子さんのタコ料理。


d0199677_5453397.jpg


帰る頃は、大雨が降り
気温が13度に下がっていました。
パリの夏は、もう終わったのだろうか。
まだ8月なのに・・・

d0199677_545565.jpg

[PR]

by lenoel | 2013-08-27 06:25 | restaurant français | Trackback | Comments(0)
2013年 08月 27日

美味しいサムゲタンを知らないから?

d0199677_4512120.jpg


韓国に行ったことがないので
本場の味を知りませんが
パリで知り合った韓国人の方々は
パリの韓国料理も悪くないと言う。

韓国と同じ食材が手に入り
その国の人間が作れば変わりないだろう。
でも、人気があるサムゲタンだけは
どこで食べても美味しいと思えないのです。
鶏がらのスープは好きですが
丸ごとの鶏に、私には問題があるようだ。

鶏のロティは、ほんの少しで十分。
うずらのロティなら2羽は軽く食べれますし
鶏でも、例えば、フランス料理や中華料理で
ソースに絡められた料理ならいくらでも食べます。

サムゲタンは一人や二人ではなく
大勢で分け合って食べるものなのでしょうか。
それとも、丸ごとの鶏がどうのこうの
と、言っている人間には
サムゲタンの美味しさが分からないのだろうか。


d0199677_451469.jpg


日本酒でも生酒やにごり酒くらいしか飲めないので
韓国のお酒も好きになれません。


d0199677_45211.jpg


画像に入りきれない小皿もあるくらい
たくさんサービスしてくれました。


d0199677_4521535.jpg


キムチに生牡蠣が入っているので美味しい
久しぶりのポッサム。


d0199677_4522975.jpg


さっぱり冷麺も久しぶり。
サムギョップサルとチャプチェを
頼まないのは珍しい。


d0199677_4525387.jpg


結局、最後は食べきれずに
サムゲタンとポッサムをお持ち帰りにしてもらいました。
パリでサムゲタンの美味しいお店
どなたか教えてください。

d0199677_4531943.jpg

[PR]

by lenoel | 2013-08-27 05:35 | restaurant asiatique | Trackback | Comments(2)
2013年 08月 27日

ポルトの食事は安くて美味しいの巻

d0199677_355477.jpg


ポルトガルでは焼きイワシが食べたかった。
炭火で焼く店が多いので
魚も肉も本当に美味しい。


d0199677_374381.jpg
d0199677_3755100.jpg


こちらは滞在中の前半に通ったお店。
右上から、キャベツをすり潰したじゃがいものスープは
ポルトガルを代表するカルド・ヴェルデ
もう一度食べたかったイワシのフライ
豆のリゾット、干し鱈を焼いたバカリャウ・アサード
鶏の炭火焼き、最後は店のオヤジ。

味見させてくれた賄い料理が美味しかったので
同じ料理の鶏を頼みました。
写真を撮らせてもらったら
自分のデジカメを探してきて私の写真を撮る。

また数日後に行くと
22時に仕事が終わるから二人でお散歩しよう
と、ジェスチャー付きで言う。
お散歩は、人差し指と中指の2本指で
テーブルの上をトコトコさせる。

どうしてお客の私が
このオヤジとお散歩しなくてはならないの?
それも、言葉が通じないのに。

ホテルに帰る!!

22時にお散歩しよう。

イヤ! ホテルに帰るー!!

わかった。ごめん、ごめん。 (←たぶん)
苦笑いをしていました。


d0199677_362374.jpg


ホテルから教えてもらった郷土料理を出す
少しだけシックなお店。
タコのリゾットを食べると決めて行きましたが
しょっぱすぎて食べれなかった為
真ん中の画像の肉料理に変えてもらいました。


d0199677_365190.jpg


小さなお店でいろいろな果物も買いました。
食事が美味しい国は飽きないです。
ポルト、LOVE♡


d0199677_382371.jpg


d0199677_385437.jpg

[PR]

by lenoel | 2013-08-27 04:06 | à Porto | Trackback | Comments(0)
2013年 08月 26日

ポルトのマルシェ

d0199677_2145623.jpg


散策中に偶然マルシェを見つけました。
野菜や魚店、お土産物
レストランなどが軒を連ねています。


d0199677_2152283.jpg


ポルトでは、日本人観光客を
ほとんど見かけませんでしたが
観光名所でもないこの市場で
ガイドブックを持った日本人青年と
すれ違ったので声をかけてみました。

スペインから電車で移動しながら
行きたい街を観光していたそうです。
メールアドレスを交換して
メールのやりとりを続けています。


d0199677_2155624.jpg


香辛料など。


d0199677_216816.jpg


色とりどりの造花売り場。
子供の頃に縁日で買ってもらった
太い針金の先に小鳥が付いているものや
昭和の時代によく見かけた造花が
ポルトのマルシェで売られていたのです。
とても不思議。
どこで作られているのか知りたいくらい。


d0199677_2163851.jpg


お土産物店。


d0199677_217121.jpg


レストランは調理場が屋内で
テラスで食事をします。


d0199677_2171491.jpg


旅の思い出に、布きんと・・・


d0199677_2173497.jpg


カラフルで可愛いタイルを
こちらのマルシェで購入。


d0199677_2174549.jpg


ポルト中心地は小さいので
トラムやバスにも乗らずに
1週間ずっと気ままに歩いていました。


d0199677_2175766.jpg


マルシェの入り口には
マリア様が祀られています。


d0199677_218846.jpg


d0199677_2183276.jpg

[PR]

by lenoel | 2013-08-26 03:36 | à Porto | Trackback | Comments(0)
2013年 08月 24日

オブリガーダ♡ @ポルト

d0199677_21415622.jpg


色々なコロッケが売られている
ホテル界隈のビリヤードバー。


d0199677_21461250.jpg


家族経営のお店で
英語もフランス語も通じないので
片言のフランス語を喋るお客さんに
通訳してもらってコロッケを選び
ビールやサングリアを飲みながら
カウンターでつまみました。


d0199677_21453985.jpg


このお店で食べることができるものは
パンとコロッケくらい。

ポルトガル語がわからないのに
いつのまにか家族と一緒に
ご飯を食べていた私。
それも、行く度に・・・@@

たこのリゾット、たこの揚げ物
白身魚のフライ、野菜のリゾットなど。
スープも飲むか? とか
サラダもあるよ とか
ジェスチャーなどで伝えてくれました。

気を使って多めに出してくださるが
大食漢&残すことが嫌いなので
ぜんぶ平らげると
このジャポネーズはよく食べるぞ
と、笑いながら話しているのがわかる。


d0199677_21471277.jpg


ポルトガルのアブサンを使った
カクテルを作ってくれました。
ストローで一気に飲めとのこと。

経営者のオジサンの
赤ワインを全部飲んでしまったり
自家製のリキュールを
調子に乗って飲みまくり
ダウンしたこともありました。


d0199677_21474434.jpg


郷土料理を作ってご馳走する
と、言われた翌日は
残念ながらパリに戻る日。

次回は長期でポルトに来てね。
また美味しいものをご馳走するよ!!
いつ来る?


滞在中によく飲んでいた
ポルトガル・ビール SUPER BOCK
オリジナルTシャツとポロシャツを
プレゼントしてくれました。


d0199677_23241038.jpg


この2週間前にバカンスで
フランス領のマルティニックへ行き
帰りの乗り換えで
シャルルドゴール空港からオルリー空港へ
タクシーで移動する途中に
エッフェル塔や凱旋門など
観光名所を見たそうですが
あまりの車の多さにうんざりしたのだとか。

d0199677_21495268.jpg


下の画像はマルティニックの植物を使った
自家製リキュール。
ポルトを発つ前に
お礼のお花を持って行ったら
またご馳走してくれました。

ポルトには楽しい思い出がたくさん。
今度は長期で行きたい・・・


d0199677_21475868.jpg


Espaço 77 porto, Portugal
snack-bar Bilhares

d0199677_2148381.jpg

[PR]

by lenoel | 2013-08-24 23:10 | à Porto | Trackback | Comments(0)
2013年 08月 23日

すっかり地元っ子の巻

d0199677_22163743.jpg


わが街の中心地へ向かう途中に
夜になると大きな音で
音楽を流すカフェがありますが
一度も入ったことがなければ
入ろうと思ったこともありません。

このカフェの前を通りかかったとき
キヨスクのムッシューに呼び止められて
カフェを一杯をごちそうになりました。
昼間の時間帯は
このカフェによく来るそうです。


d0199677_2217274.jpg


キヨスクのムッシューと
最初に会った頃は冬だったので
いつも帽子をかぶっていました。
ある日のこと
スーパーマルシェで偶然会ったときに
ボンジュールと挨拶をされましたが
誰だかわかりません。

帽子をとるとハゲ頭
そして、立つと背が低いので
キヨスクのムシューとは
全く想像もつきませんでした。
・・・と、またヒドイことを書いています。

いつも笑顔で親切な
近所のキヨスクのムッシューの話でした。


d0199677_22171389.jpg


すぐ近所のゲイっぽいムッシューが
飼っているネコ。
他にトラ模様の子が2匹います。

この子が2~3年前に
数週間ほど行方不明になったことがあり
ムッシューから聞いたそのすぐ後に
ムッシュー宅のすぐお隣の前を
悠々と歩いていたのを目撃したので
教えてあげました。

近所のマダムが餌を与えていたせいで
その家に住み着いてしまった、と
プンプン怒りながら言っていました。


d0199677_22172382.jpg


ムッシューは日本が好きで
2回旅行したことがあります。
パリのフォーブル・サントノレ通りにあった画廊で
2003年に椎橋和子さんの絵を買ったそうです。
やはり素敵だ♡

椎橋和子さんにの作品に魅せられて・・・


d0199677_22173489.jpg


d0199677_2218027.jpg

[PR]

by lenoel | 2013-08-23 23:00 | la vie en France | Trackback | Comments(0)
2013年 08月 22日

即席ピクニックの巻

d0199677_5153283.jpg


ある晴れた日に
芝生の上でビエールを飲もう
と、ジョエルから電話がかかってきました。

世間はバカンス中なのに
休みが取れないほど忙しいらしく
でも、この日は少しだけ時間があるとのこと。

美味しいワインを持っていく提案をすると
ジョエルの事務所に
お皿、コップ、ナイフ&フォークがあるというので
急きょ、ピクニックをすることにしました。
場所は事務所からすぐのアンヴァリッド。


d0199677_515542.jpg


タブレ、お米のサラダ、スナック類、桃を
一緒に買いに行ってから
芝生の上でゴロリン。
すごく気持ちがいい。

仕事用のカバンから出てきたものは
陶器のお皿、ガラスのコップ
そして、ステンレス製のナイフ&フォークに
思わず笑ってしまいました。
本人はプラスティック製や紙より
本物の方が豪華だと言う。


d0199677_516542.jpg


ジョエルの名前を検索すると
私のブログがでてくる
と、お客さんから言われたそうです。

名前と写真を出してもいい
と、了解を得たものね。
私の記事で何か問題が生じたら
弁護してくれるから頼もしい。

私の弁護士とピクニックをした
とブログに書くの?

あなたは私の弁護士?

いいや、君の友達だよ。
この先も、君の弁護士にならないように願うよ。

ウイ、メートル・ジョエル。


d0199677_5161661.jpg


私がいつも何をしているか
このブログを見てくれているそうです・・・@@

d0199677_5164063.jpg

[PR]

by lenoel | 2013-08-22 05:49 | la vie en France | Trackback | Comments(0)
2013年 08月 22日

まるで恋人同士・・・♡

d0199677_4495371.jpg


同じ地区に住んでいるにミューとは
ウォーキングをしたり
市の図書館やカフェに行ったり
お互いの家を行き来して
ほとんど毎日行動を共にしています。

彼女が下着姿で外にでたときを
目撃してしまったり
私もヒドイ格好のときを見られていますが
ぜんぜん平気。

街の中心地へ一緒に行ったときに
偶然、ブロンド長髪の美しいルドと会ったら
ウォーキング中に何度かすれ違っていたとのこと。
わが街は広いようで狭いのだ。

似たような悩み事
将来に対する不安
異性のことなど話が止まりません。

現在の彼女は
人生で難しいピリオードを迎えているので
落ち込んでしまったり
情緒不安定になることが多いが
それを乗り越える強さを持っています。

私は精神的に弱いため
ネガティブなことが起こったときに
どのように乗り切るか学びたい。

バカンスが終わると
ミューはまた忙しい日々に追われて
私は退屈な生活に戻ってしまう。


d0199677_4501549.jpg


この楽しい時間が
ずっとずっと続いてほしいのに・・・

d0199677_4504145.jpg

[PR]

by lenoel | 2013-08-22 05:04 | la vie en France | Trackback | Comments(0)