☆~ 美味しいものめぐり Paris ~☆ 

lenoel.exblog.jp
ブログトップ

<   2015年 05月 ( 2 )   > この月の画像一覧


2015年 05月 19日

ブルゴーニュの玄関口でのロマンス!?

列車に揺られて1時間の
ブルゴーニュでパリからもっとも近い
P親分が新しく開いた
肉専門料理店に招待してくれました。

肉の素材にこだわった
発想は面白いが
24歳の若いシェフが理解できているかどうか。
この店の前身のシェフ・哲さんがつくる
周りに振り回されない
頑固者の料理が好きだったので
残念な思いと
物足りなさを感じてしまうのだ。
日本との繋がりがなくなったのは
自分の責任だとか
後悔しているだとか
危なーい、ウソ泣きだね。


d0199677_0162618.jpg
d0199677_0162929.jpg

veau fermie、乳のみ仔牛の白い肉。


d0199677_0165997.jpg
d0199677_0172877.jpg


この町のフェアーで調子に乗って
ソーシッソンを5個も買ってしまい
かなり重かったのでP親分に持ってもらいました。


d0199677_0162013.jpg

ほんのひと欠けらのヌガが15ユーロ
二度と買うものか!!

その後は、シャンパーニュやヴァン(ワイン)の試飲をして
シャンパーニュを買って持たせてくれました。メルシー編集


d0199677_0162219.jpg


意外に新鮮な魚で驚いた!
この店主は、半年前に日本で活け締めを学んできました。


d0199677_0173575.jpg


店の上で・・・

d0199677_0173915.jpg
d0199677_0174488.jpg

あーあ、酒盛りしているよ・・・@@

d0199677_0174723.jpg

私はベロベロの泥酔でパリへ
P親分には悲劇が待っていたのだ・・・

d0199677_018229.jpg




[PR]

by lenoel | 2015-05-19 00:22 | restaurant francais
2015年 05月 18日

ボンジュール

皆さま、お元気でしょうか。
2か月も更新していなかった為
何人もの方からメールをいただき
とても嬉しく思っております。

更新が滞ったのは
興味が他にそれていたからです。
その他にも習い事をひとつ増やしたこと
これは敢えて書きませんが
あとは、カトリックの洗礼を受ける準備など。

宗教にちなんだ祝祭日が多い
カトリックの国、フランス。
厳格だった教会は
信者離れを防ぐために規律を緩めた
と言われていますが
それでも、教会離れが進み、秩序が乱れていった。
武士道が廃れた日本と似ているのかもしれません。

そんなフランスで暮らして
これからもずっとこの国で生きていくので
前々から興味があったこともあり学ぶことにしました。
私ってやっぱり変わっているわ~。
周りのフランス人たちとの間では
距離が更に縮まったように感じます。

フランスのママンがよく私に言う言葉は
人は生まれたときから
カルネ(手帳)に人生が綴られている。

私が居る場所、出会う人々・・・
やはり、誕生したときから決まっていたのかも。

さて、日本の実家はプロテスタントで
教会に通っていた為
キリスト教の基礎は身についていますが
私は洗礼を受けませんでした。
フランスに来てから
この国の宗教と関わりを持ちたくなったのでよかったです。
普通のフランス人で1年半かかるそうですが
私の場合は、2年以上の歳月が必要とのこと。

努力とか、頑張ることが嫌いなので
道草を食いながら
それに私のことだから
また興味がそれて回り道をしたり
自由に楽しみながら進んでいきます。

食べ物に関しては時間を見つけながら
綴っていく予定ですので
どうぞ、よろしくお願いいたします。

d0199677_1971369.jpg


d0199677_19748100.jpg

[PR]

by lenoel | 2015-05-18 19:19 | la vie en France