☆~ 美味しいものめぐり Paris ~☆ 

lenoel.exblog.jp
ブログトップ

<   2016年 05月 ( 6 )   > この月の画像一覧


2016年 05月 31日

「楽しかった歌姫のコンサート」の巻

ポルトガル語圏の人々が集う
芸術文化センター Lusofolie's で開かれた
歌姫こと神谷美恵子さんの Fadopéra コンサートへ
マリーと一緒に行ってきました。
始まる前にポルトガルワインを飲みながら
タパスをつまんでいましたが
パスティシュ・デ・バカリャウやパステル・デ・ナタが
ポルトガルで食べたものに負けないくらい美味しい。
ワインをもう一杯注文しに行ったときのこと・・・




d0199677_17353803.jpg



待っても待っても私の番が来ないまま
歌が始まってしまいました。
歌を聴く時間だからまた後で、と
横で客とお喋りしていた店のオヤジが言った。
ずっと待たせておいて何よ! と私が言うと
しーっ!(静かに!の意味)と少々威圧的だった。
自分の席まで戻れず
立ってワイングラスを持ったまま
一曲目を聴いていたら
店のオヤジが私のすぐ隣にいたことに気が付いた。
いたずら好きな私は
腕を軽く叩いて合図して
フーンとそっぽを向いたら
予想どおりにムキーっと怒りだしたのです。
曲間になりさっさと席に戻ったら
後からオヤジがワイン一杯置いていきました。




d0199677_17354265.jpg




Fado(ファド)は、ポルトガルの民族歌謡で
フランスのシャンソン、日本の演歌のようなもの。
ポルトガルではレストランなどで聴くことができます。
ファドも素晴らしかったし
唯一日本の曲「恋人よ」は
涙があふれたほどの感動でした。
ありがとう~!!




d0199677_17355588.jpg



心に響くコンサートの後は
歌姫を囲んで
ポルトガルのマッチョな男たちが
飲んで、歌う。
下の画像は店のオヤジが歌っているところ。
帰り際に、またおいで!と
オヤジと仲直りのビズをしました。
※マッチョは、男性優位主義を指し
男性としての優位性、男性としての魅力、特徴を誇示する、という意味合い。




d0199677_17364501.jpg

d0199677_1402539.jpg





[PR]

by lenoel | 2016-05-31 17:40 | la vie en France | Trackback | Comments(0)
2016年 05月 15日

「昔住んでいた街のマルシェ」の巻

わが街のブリッジクラブで一緒のディディエは
私が昔住んでいた地区に住んでいます。
今でも定期的に行く
フランスのパパ&ママンが住んでいる地区です。
ディディエは、定年退職してからは
ブリッジなど、習い事や趣味を深めており
その他に、マルシェの魚屋さんで会計を担当している。
週に1度か2度、お昼過ぎまでの数時間を
頭を使い、お客さんたちとコミュニケーションをとる
よい時間を過ごしている。
フランスでは、趣味や活動の選択の幅が広く
お金を掛けることなく楽しむことができます。

地中海産のマグロ、天然鮭、揃えが良いよ。
友だち料金にするからおいで!
ということで、自家製シャケの燻製を2切れ
それから、鯛と小ぶりの鯖をどっさり買ってきました。




d0199677_19071062.jpg



わが街には、きのこ売りのおじさんも居なければ
今が旬のアスペルジュ・ソバージュが
なぜか手に入りにくい。
その上、パリ市内の高級地区と変わらないくらい
野菜や魚の値段が高いのだ。
近所のモノプリの魚売り場で
鮭は皮の部分をとって売られているのは
ブルジョア層の街だから、だそうです。
昔住んでいた地区のほうが
断然暮らしやすかったなぁ・・・・。




d0199677_19071712.jpg

d0199677_1402539.jpg






[PR]

by lenoel | 2016-05-15 19:08 | la vie en France | Trackback | Comments(0)
2016年 05月 13日

大切な人を想う

フランスのパパが心臓のカテーテル手術のため
3日間入院をしていたときに
子供のように可愛がっている愛犬TOMが
おねしょをしてしまったとのこと。
いつも一緒にいるパパの姿が見えないため
情緒不安定になってしまったのかもしれません。
3年前に白内障の手術
1年半前に転んで肩の骨を折った。
日本の父は、白内障、脊柱管狭窄症の手術
最後は、難病で他界しました。
ようやく心が癒されてきたころですが
今度は、フランスのパパの覚悟をしなくてはならないのだろうか。




d0199677_20225838.jpg



マリーの娘が、精神的なダメージを受けて
長い間入院しています。
2か月前にクリニックを変えましたが
まだまだよくなる兆しが見えないとのこと。
St Nicolas des champs で一緒にお祈りします。


教会関係のマダムが長年の体調不良
それから手術を控えている不安から鬱となり
1ヶ月半前から入院しています。
彼女のことを想うと涙がでてくる。


d0199677_1402539.jpg





[PR]

by lenoel | 2016-05-13 19:38 | la vie en France | Trackback | Comments(0)
2016年 05月 13日

「よわ~い」の巻

各ブリッジクラブのデビュタンが集まる
招待試合をしてきました。
会場がヴェルサイユの近くだったため
我がクラブのメンバー同士で待ち合わせして
車で向かう、ちょっとした遠足気分。
ブリッジは定年退職した年配者の楽しみのひとつで
私がダントツで若く、私だけが外国人なため
かなり目立つ存在でした。
我がクラブでも、外国人の会員は私のみです。

カードの中で、ブリッジが一番難しい。
若いころにブリッジをしていたり
他のカード(ミニ・ブリッジ、タロ)の経験がある人が多ので
本当のデビュタンの私とは
すでにレベルが大きく異なるのだ。
その上、教室では、まだルールを覚えている段階で
一時帰国の2か月で後れを取っている始末だし。

結果は、28人14組中の13位。
ご老人たちに負けたことが悔しい。。。
ゲームの後に、懇親会となり
ワインやシードルを飲みながら
皆さんとお喋りをしました。
我がクラブの先生は
泳げない子を水の中にドボーンと落とすと
泳げるようになることと同じ、と言ってましたが
ルールも覚えきれていない私には
成果を得ることができなかったのです。

ネットでもたまにブリッジをやっていますが
週に1回でも、実際にカードを持ってプレイする方が
上達するし、ずっとずっと楽しい。
これからは、我がクラブのメンバーたちと
定期的に集まることを
帰りの車中で話し合いました。
もっともっと強くなるぞ!



d0199677_16244755.jpg

d0199677_1402539.jpg





[PR]

by lenoel | 2016-05-13 16:28 | Bridge | Trackback | Comments(0)
2016年 05月 03日

「アーティストのピクニック」の巻

久しぶりに太陽がまぶしかった昨日のこと。
午前中は、ブローニュの森で
午後からは、バガテル内で写生会をしました。
女4人が集まると
お喋りしながらの作業なので楽しい。
私は食べ物に夢中・・・


d0199677_03264508.jpg



草花も木々も芽を吹き始た
豊かな自然に癒される。
大木に両手を広げて抱いて
神秘的なエネルギーを体内に取り入れた。
そういえば、子供のころに
いつもやっていたこと
いつも感じていたことが
大人になるにつれてやらなくなり
忘れてしまったことを
フランスで、フランス人たちと一緒に
普段の生活でやることが多い。




d0199677_03282125.jpg
d0199677_03282761.jpg



バガテル名物のクジャクたちは
奇妙な声で鳴いたり、大きく羽を広げたり
時には、木の上に乗っていたり
そのような中での、優雅な写生会です。




d0199677_03274483.jpg
d0199677_03281764.jpg


羽を広げて「通せんぼ」しています。



d0199677_03294390.jpg
d0199677_03283287.jpg


花も季節もうつろうから美しいのだ。

d0199677_1402539.jpg






[PR]

by lenoel | 2016-05-03 03:31 | la vie en France | Trackback | Comments(0)
2016年 05月 01日

「正露丸。。。」の巻

ここ1週間、どうもお腹の調子がよくない。
喉の奥もチクチク痛むので
どうやら、風邪をひいたようだ。
そういうときは、1度飲むだけで治ってしまう
私の特効薬の正露丸! ですが
日本に頼んでもってきてもらったものは
糖衣A のほうでした。
同じ成分と聞きましたが
丸くて、黒くて、臭ーい
昔からある、あの正露丸とは違う。

薬はフランスの薬局で買っていますが
東南アジアを旅行してから
正露丸のすごさを知り
日本の薬は正露丸だけ常備しています。
でも、糖衣A ならば
私にはふつうの薬と変わらないので
わざわざ、日本に頼む必要などはなく
フランスの薬で十分なのだ。

またお腹がゴロゴロしてきたぞ。
有難い(?)ことにあと2箱ある。。。



d0199677_04360613.jpg


d0199677_1402539.jpg






[PR]

by lenoel | 2016-05-01 15:53 | la vie en France | Trackback | Comments(0)