☆~ 美味しいものめぐり Paris ~☆ 

lenoel.exblog.jp
ブログトップ
2013年 12月 19日

街の人気者 トレド

d0199677_78619.jpg


城壁に囲まれた古都トレド。
中世は、イスラム教とユダヤ教、キリスト教が
交錯した地で
旧市街が世界遺産に登録されています。

半世紀ちかく暮らしている
知人のところへ遊びに行きました。

礼儀正しく、慎ましやかな
日本人家族なので
地元で大切にされているのがよくわかる。
歩いていると声をかけられたり
バーの店主たちからは
一杯ご馳走になったりもしました。

最近は、お年のせいか
あまり出歩かなくなったせいで
別の日本人の方が亡くなったときに
涙ながらにお悔やみの電話が
かかってきたこともあるそうです。


d0199677_782610.jpg
d0199677_784126.jpg


あちらこちらのレストランで
彼の作品を見かけることができます。


d0199677_785531.jpg
d0199677_7963.jpg


お昼と夜と、毎日ご馳走になった
奥さんの愛情料理は本当に美味しかった。
やわらかいジャガイモと
トロトロの卵のトルティージャは
ワインの最高のおつまみ。


d0199677_791835.jpg


宿泊したシンプルだけれど
清潔で感じの良い4つ星ホテルと知人宅は
端から端と離れているが
小さな街は10分もかからない。

アラブ人が建設した迷路のような街なため
どちらでも迷子になると心配されましたが
美味しいご飯に釣られて無事に到着。
自分でも驚きました。


d0199677_79351.jpg
d0199677_794862.jpg


死んでいくときもきっと
ほのぼのとした空気が流れるなかで
アハハー、と笑いながら・・・
そんな失礼な想像をしてしまう。

地元の方々から愛されている
微笑ましい人生の先輩は偉大だったのだ。

d0199677_710161.jpg

[PR]

by lenoel | 2013-12-19 08:17 | a Toledo


<< 「トレド」 と言ったらエル・グレコ      旅にでます >>