☆~ 美味しいものめぐり Paris ~☆ 

lenoel.exblog.jp
ブログトップ
2014年 05月 31日

この日の料理はイマイチだったが、またまた嬉しいお誘い Le Diane

d0199677_653961.jpg


こちらの店は10席しかないのに
この日は4席が中国人客でした。
ブランド店で買い物をした袋をぶら下げて
Gパンとスニーカーの
観光する服装のままで来店は
高級レストランで食事を楽しむ
他のお客の気分を台無しにします。
猫背で口を開けたままクチャクチャと
汚い食べ方をして
その上、中国語の会話が非常にうるさい。
お金があれば何をしてもよいのでしょうか。



d0199677_01284424.jpg



そのような中でも
笑顔できめ細かいサービスをしていました。
私のことを名前で呼んでくれるようになり
無添加ワインしか飲めないことを
覚えておいてくださり
用意してあったことに感激です。

アミューズブーシュは
文句なしに美味しかったですが・・・



d0199677_01285428.jpg



ガンバスのタルト
アボカド、トマトのジュレ
アスペルジュ・ソバージュは
アクセントがない飽きのくる味。



d0199677_01285975.jpg



ロッソブッコ ア・ラ・ミラネーズ
貝殻パスタのコンキリエに
パセリがベースのグルモラータで
こちらも、しまりのない一皿。

品のない中国人観光客ばかりだと
料理にも影響がでてしまうのだろうか。



d0199677_01290348.jpg


デセールはいつも通り
軽くて優雅な美味しさでした。
ピスターシュ、苺、フレーズ・デ・ボワ



d0199677_01290853.jpg



食後のカフェの味が落ちていたので
サービスに伝えると
2種類あると言い
もうひとつのほうを持ってきてくれましたが
そちらも、今までのカフェではない。

料理のことは帰りがてらに
サービス責任者に伝えようと思っていたら
シェフ・リュランゲが挨拶にきてくださったので
バーでお話をしました。

料理のことを何も言っていないのに
あなたが来ていることを知らなくて
申し訳ございませんでした。
次回は私が責任を持って作ります。

ということで
来週のお誕生日はシェフ・リュランゲの
スペシャル・ムニューをいただくことになりました♡


d0199677_21122331.jpg









[PR]

by lenoel | 2014-05-31 02:35 | restaurant ☆etoile


<< 「日本語を話すわが街のインド人...      「本当に来ちゃった」 の巻 >>