☆~ 美味しいものめぐり Paris ~☆ 

lenoel.exblog.jp
ブログトップ
2014年 08月 29日

「ブダペストといえば温泉浴場って言ってもいいの~@@」 の巻

d0199677_2213845.jpg


ホテル選びのときに
主要駅にあるモダンで便利な4つ星ロイヤルパークと
少し外れた場所にあるスパホテル、ゲッレールトとを
さんざん迷いましたが得点の高さと部屋の画像で
ロイヤルパークに決めました。

今回は、温水浴場はまったく考えていませんでしたが
出張で行ったことがあるマガリとその旦那も
2~3時間で十分だから行ってみたら、というので
だんだんその気になってしまったのです。

ロイヤルパークのハンサムなフロントマンに聞くと
英雄広場にあるセーチェーニ温泉と
候補ホテルだったゲッレールト温泉のふたつでしたが
屋外でも楽しむことができるゲッレールトのほうがよいとのこと。


d0199677_227154.jpg


ガイドによると・・・

見とれるほど美しい建物、ゲッレールト温泉
最も美しい温泉はどれか、と考えますと
やっぱりゲッレールト温泉でしょう。
1912年から1918年の間、アールヌーボー様式で建てられ
薬効のある温泉資源を持つこの施設は
ブダペストの最高の特徴の2つを兼ね備えています。

入り口を入り、更衣室から温泉プールへと歩いていくと
アールデコ調の美しい彫刻
床や壁の細かなモザイクやステンドグラスの窓に囲まれます。
温泉につかるつもりが無くても
細部にまで施された細かいデコレーションは必見です。

ブダペストの写真集やガイドブックには
必ずと言ってよいほど記載されているこの温泉
もしかしたら見覚えがあるかもしれません。
ゲッレールト温泉には、屋外のスイミングプールなど
合計13のプールがあります。
以前女風呂、男風呂と別れていた部分もありましたが
2013年1月1日から施設全体が混浴になりました。


d0199677_2214370.jpg


こちらが温泉スパ入口。


d0199677_2232167.jpg


画像でみる限りでは美しいでしょうが
大衆的な浴場なため
あまり清潔でない上に
芋洗い状態&ジャベル臭(ハイター)で
気が滅入ってきてしまい10分が限界でした。


d0199677_2231777.jpg


もっと素敵な温泉浴場があるのかもしれませんが
ガイドを鵜呑みにしたことが間違いだったのです。
恐るべしブダペストの温泉浴場。


d0199677_22321.jpg

d0199677_2231037.jpg


d0199677_2232513.jpg

[PR]

by lenoel | 2014-08-29 03:22 | a Budapest


<< 複雑な歴史をたどってきたマーチ...      ドナウの真珠、ブダペスト >>