☆~ 美味しいものめぐり Paris ~☆ 

lenoel.exblog.jp
ブログトップ

2013年 07月 09日 ( 3 )


2013年 07月 09日

ロダン美術館 

d0199677_9252378.jpg


とても暑い日の日曜日
久しぶりにロダン美術館へ行きました。

ロダンの作品をみて思い出すのが
ロダンの愛人、悲運の彫刻家、破滅の恋・・・
と呼ばれたカミーユ・クローデル。
ロダンがすべてだった一途な激しい愛と
痛々しくて、切ない人生を。


d0199677_9204415.jpg


(オーギュスト・ロダン Wikipedia)
パリ在住の労働者階級の子として生まれた。
父ジョアン・バティスタは警察に雇われる事務員で
オーギュスト・ロダンは妻マリーとの間に
生まれた二人目の子供だった。

ロダンはエコール・ボザールなどの
美術の専門教育(アカデミズム)を受けず
特に青年期以降はほとんど独学で
彫刻を習得したことで知られている

教え子のカミーユ・クローデルと出会い
この若き才能と魅力に夢中になった。
だが優柔不断なロダンは
カミーユと妻ローズの間で絶えず揺れた。

数年後ローズが病に倒れ
カミーユがローズと自分との選択を
突付けるまで決断できなかった。

ロダンはローズの元に逃げ帰り
ショックを受けたカミーユは以後
徐々に精神のバランスを欠き
ついには精神病院に入院
死ぬまでそこで過ごすことになる。


カレーの市民
d0199677_9223839.jpg


(カミーユ・クローデル Wikipedia)
子供の頃から彫刻に親しみ、卓越した技術と才能を発揮していく。
そしてまた類まれなる美貌をも持っていた。
19歳の時に彫刻家オーギュスト・ロダンの弟子となる。
時にロダン42歳。
2人は次第に愛し合うようになるが
ロダンには内妻ローズがいたため三角関係となる。
その関係はその後15年にわたって続いていく。


3つの影
d0199677_9224923.jpg


ローズは大きな心の安らぎの存在であり
カミーユは若さと美貌と才能に満ち溢れた刺激的な存在であったため
ロダンは2人のどちらかを選ぶことはできなかった。

その中でカミーユは20代後半にロダンの子を妊娠するも中絶し
多大なショックを受ける。
2人の関係は破綻を迎え
ロダンは妻ローズのもとへ帰っていく。
カミーユは徐々に精神を病み、40代後半に発狂する。


地獄の門
d0199677_9231666.jpg


1913年3月10日
48歳の時に家族によってパリ郊外ヌイイ=シュル=マルヌの
ヴィル・エヴラール精神病院に入れられた。

その後第一次世界大戦の影響で
南仏のモントヴェルク精神病院に移動させられ
そこが臨終の地になった。

ルイーズはカミーユの芸術に理解を示さなかったため
2人の間には生涯確執が消えることはなかった。
そのためルイーズと妹は精神病院に見舞いに行くことは一度もなく
ポールが数年に1度見舞うのみであった。

しかしポールも結婚し
外交官として任地の上海へ向かった後は
姉と会う回数が激減した。


考える人
d0199677_9233948.jpg
d0199677_924813.jpg
d0199677_9241869.jpg


晩年は毎朝決まって病院構内の礼拝堂に向かい祈った。
カミーユは誰とも口を聞こうとせず
一人自己の世界に閉じこもった。

また、ロダンへの憎しみと周囲の患者を見下すことで
かろうじて自己の精神の孤高を保った。
後年のみすぼらしい身なりで痩せこけ
精彩を欠いた姿に面会したポールは愕然としたという。


Hanako
d0199677_9272084.jpg


1943年、家族に看取られることなく亡くなった。
78歳没。
終生願ったのは故郷に帰ることであったが
叶うことはなかった。

精神を病んだ後カミーユは多くの作品を破壊したが
そのうち約90の彫像、スケッチ、絵画が現存した。
死後の1951年、ポールはロダン美術館で彼女の作品の展示を行った。


d0199677_927362.jpg


(オーギュスト・ロダン Wikipedia) 
ロダンの末期の言葉は『パリに残した、若い方の妻に逢いたい。』だった


d0199677_9275975.jpg

[PR]

by lenoel | 2013-07-09 09:28 | patrimoine etc...
2013年 07月 09日

残念な M.O.F(フランス最優秀職人)の店 Semilla

d0199677_6324285.jpg


国家最優秀職人賞(Meilleur Ouvrier de France、MOF)は
フランス文化の最も優れた継承者たるにふさわしい
高度の技術を持つ職人に授与される称号で
その名誉は日本の「人間国宝」に相当するものと言われる。

中でも有名なのは、「料理」であり
これまでにもポール・ボキューズ、ジョエル・ロブションら
多数の有名料理人が名を連ねている。

M.O.F.のコンクールは、3年に一度開催され
合格者にはフランス大統領の名において
大統領官邸であるエリゼ宮にてM.O.F.のメダルが授与され
誇りあるトリコロールカラーの襟のコックコートの着用が認められる。
Wikipediaより・・・


d0199677_633134.jpg


2011年にM.O.F を受賞した 
Eric Trochon の店。
シェフのトリコロールの襟が素敵です。

お昼は23ユーロのアントレ、プラで
アントレは3種の盛り合わせのみ
そして、プラは3種類から選べて
デセールを頼む場合は
8~10ユーロ追加料金で5種類から選べる。


d0199677_6332588.jpg


無難に美味しかった作りおきのアントレ。
・ズッキーニのクレーム
・ハーブのケーキ
・ローストビーフ


d0199677_6333677.jpg


羊のもも肉となすのキャビア。
羊は十分に温まっていない上
ソースがすごく脂っこい。
また食べたいかと聞かれたらNON。

サービス担当の男性に言うと
調理場に伝えていましたが
食べ終わってからでは遅いです。


d0199677_6334676.jpg


特に美味しいと感じなかった
アーモンド&ピスターチ、プルーンのグラス(アイス)。


d0199677_634068.jpg


ひと皿、ひと皿に愛情がこもっていない料理を
工場で食事している気分になってきました。

食後にノワゼットを注文しても
忘れられてしまう始末。
会計のときにシェフとサービス担当に言うと
ノワゼットをサービスしてくれました。

話題の店では日本人客をみかけますが
日本人観光客グループが入ってきたのには
さすがに驚きました。

最近行った日本人の店では
ミクロフィルターの水が8ユーロでしたが
同じミクロフィルターの水ガス入り・無し
どちらも無料なのは嬉しい。


d0199677_634114.jpg


Semilla
54 rue de Seine 75005 Paris
Tel: 01. 43. 54. 34. 50


d0199677_6343277.jpg

[PR]

by lenoel | 2013-07-09 07:27 | restaurant francais
2013年 07月 09日

感動した料理 L'Agrume 

d0199677_649720.jpg


店構えも、内装にも
力を入れているとは言えませんが
こちらのシェフの料理はすごい。


まず、シェフの経歴から・・・
Eric Ripert のもとでニューヨーク Le Bernardin
ル・サンクのシェフ Eric Briffard がプラザ・アテネ時代に一緒に
パリ17区 Le Dessirier、 Michel Rostang のスーシェフ
ブルターニュ地方の5星ホテル L'agapa でPerros Guirec と
そして、2009に独立して立ち上げた L'agrume
経営者兼シェフ Franck Marchesi-Geandi


d0199677_6561764.jpg
d0199677_6562916.jpg

d0199677_70816.jpg


3品のアントレに喜ぶ。
左、さっと火を通したフェルミエールの鶏とぶどう。
右、カツオのマリネ、黒大根、ざくろ。
中央、子供のころに飲んだ自家製野菜ジュースを思い出す
トマトとセロリーなどをミキサーにかけたガスパチョ風。


d0199677_6564061.jpg


牛ヒレのロティとシャンピニオンのソースを
ひと口食べたときに
シェフはただ者ではないと思い
経歴を聞かせていただきました。

料理人は繊細な味覚や臭覚
素材の組み合わせなど発想が大切で
経歴で評価したくありませんが
どのような経緯できたのか知りたくなりました。


d0199677_6565060.jpg


ルバルブ、苺、泡立てクレーム・ヴァニーユ。
至ってシンプルですが
よい食材を使っているから美味しいのです。


d0199677_657158.jpg


ひとり黙々と働いているイタリア系シェフ。
シシリー出身のおじいさまも料理人だったそうです。

シェフ Franck Marchesi-Grandi ↓
d0199677_6571421.jpg

d0199677_6572518.jpg


たった24ユーロでこれだけの料理をだせるのは
真摯な姿勢で取り組んだ
努力の賜物ではないでしょうか。
食後のカフェ・ノワゼットも2.6ユーロと
カフェで飲む料金でした。
奥さまがサービスを担当しています。

気取りのない店で
本格的な料理を堪能できるのは嬉しい。
このような店を応援したいです。


L'Agrume
15 rue des Fossés St Marcel 75005 Paris
Tel: 01 43 31 86 48

d0199677_7553616.jpg

[PR]

by lenoel | 2013-07-09 05:51 | restaurant francais